《NY籠城》小室圭さんが“闇バイトアプリ”を始めた

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 国際

「長いこと2人の姿をみかけないね」

 

 そう訝しがる人々の話題の的は、小室圭さん(32)と眞子さん(32)夫妻。NY・ヘルズキッチン地区に愛の巣を構えた夫妻は、近所の飲食店や美術館で近隣住民からたびたび目撃されてきたが、最近はぱったり姿を消したというのだ。

 米タブロイド紙の関係者も首を傾げる。

「眞子さんの誕生日である10月23日や結婚記念日である10月26日の前後には、『デイリー・メール』や『ニューヨーク・ポスト』のカメラマンが自宅周辺を張り込んだ。それでも2人の姿をキャッチすることはできませんでした」

仕事は順調の様子(勤務先HPより)

 それもそのはずだ。小誌の手元には、夫妻が暮らしてきたマンションの居住者に関する内部文書がある。この文書が示しているのは、2人が「KOMURO, KEI」名義で中層階のとある一室を借りていたという事実だ。だが10月、マンションの公式サイトに、この部屋の入居者を募集する広告が掲載されたのだ。そこにはこう記されていた。

「NYを離れるつもりはない」

〈11月21日より入居可〉

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる