《「続トットちゃん」50万部突破》黒柳徹子“密着イケオジ”の正体

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 読書

「インスタグラムもYouTubeもやっている。私がご飯を食べているところをアップしたら、〈大食いですね〉とか戻ってくる。そういうのが面白いですね」

 

 世界で2500万部の大ベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」の42年ぶりとなる続編の発売会見で、黒柳徹子(90)はこう語った。

 

 そんな彼女の傍らには、イケオジの存在が――。

 10月3日発行の同書は、発売2カ月足らずで、すでに50万部を突破。今年、卒寿を迎えながらも、意気軒昂なリアルトットちゃん。だが、テレビのレギュラー2本のうち、「世界ふしぎ発見!」(TBS)の来年3月での終了が決まった。

「1社提供のスポンサーである日立の方針です。同番組は隔週木曜に2本撮りで、夕方6時から夜10時頃までかかりますが、徹子さんは最後まで疲れた様子を見せません」(番組関係者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる