《「酔っ払いの醜態を晒して」謝罪音声&メール入手》 立憲の中堅エース・重徳和彦衆院議員「中山美穂似女性への強制わいせつ容疑」 県警は被害届を受理

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

ニュース 政治

「飲んだくれた状態で、帰りの車に乗り込んで、酔っ払いの醜態を晒してしまったと。それから、その後も、正直どのように私の気持ちを伝えたらいいかも分からなかったわけなんですが、その間ずっと、今日に至るまで、苦しい辛い思いをさせてしまいました。本当に申し訳ございませんでした」

 

 小誌が入手した音声データには、ひとりの男が自身の行動について深く恥じ入るように謝罪する様子が、約1時間半にわたって収められていた。声の主は、立憲民主党の重徳和彦衆院議員(52)。一体、彼はなぜ、ひたすらに謝り続けているのか――。

「直諫の会」の記者会見 ©時事通信社

 党勢低迷が続く立憲民主党において、重徳氏が注目を浴びたのは今年9月のこと。党の中堅・若手でつくるグループ「直諫(ちょっかん)の会」が記者会見を開き、次の代表選でグループから候補者を擁立すると明言したのだ。

 政治部デスクが解説する。

「『直諫の会』の会長を務める重徳氏は、中堅・若手のエースと称される議員。会見では『立憲民主党を根本から叩き直す』とも豪語し、執行部に反旗を翻したと話題になりました」

 そんな重徳氏はどんな人物なのか。

「1994年に東大法学部を卒業し、自治省(現・総務省)に入省。2012年に日本維新の会の候補者として愛知12区(岡崎市、西尾市)から出馬し、比例復活で初当選しました。以後、政党を変えながら4度の当選を果たした。党副幹事長などを経て、現在は党代表政務室長代理(代表付)の要職に就いています。過去には国会で、セクハラやパワハラの防止について政府に質問していたこともありました。プライベートでは妻と3人の子どもに恵まれています」(同前)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる