最強の《缶詰活用術》「近年その価値が見直されている」

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル グルメ

 缶詰といえば、何かあった時のために常備しておく保存食のイメージが強い。ところが、近年その価値が見直されている。定番の魚缶から豆、野菜、スープまで、高齢者の健康に役立つ缶詰の活用術をレシピ付きで紹介する。

 

●サバで骨粗しょう症予防
●鮭で筋力アップ&美肌
●イワシで認知症対策
●ツナの意外レシピ
●あずきで便秘解消おやつ

値段も手ごろ

「缶詰は殺菌処理を施していて食中毒の心配がなく、新鮮なままの栄養素を摂取できる。分量も多すぎないので、高齢者にはメリットが多い食品です」

 こう話すのは、名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長で、老年病専門医の下方浩史教授だ。

 近年、缶詰はいざという時の保存食から、安全面に優れた普段使いの食品として見直されつつある。

 シニアには、低栄養を防ぐため、効率よく栄養を摂取することが求められる。低栄養状態になると、筋力の低下や骨粗しょう症を招く。それらはフレイル(虚弱)を誘発して、認知症を発症するきっかけを作ってしまうためだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる