三井住友・太田純社長(65)の“ラストメッセージ” 「週刊文春」連載直前に逝った改革バンカー

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業 働き方 ライフスタイル

「社長就任以来進めてきた改革に、巨大組織がようやく変わり始めた手応えがある。これを後戻りさせることはあってはならないんです。だから、自分のやってきたことを形にして伝えておきたい。文春での連載をやってみようと思います」

 

 小誌の編集者を前に、三井住友フィナンシャルグループの太田純社長はそう意欲を示していた――。

 11月25日、すい臓がんで急逝した太田氏。まだ65歳だった。

スローガンは「カラを、破ろう。」

「2019年に社長に就任した太田さんは、剛腕の『改革バンカー』として知られていました。伝統的な銀行業務から脱却しないと、淘汰されるという強い危機感を抱いていた。19年度の採用サイトには〈かつては、銀行と呼ばれていた。〉というフレーズを掲げたほどです。銀行の『情報産業化』などを打ち出し、社内ベンチャーの奨励や本店でのドレスコードの撤廃にも取り組んできました」(三井住友幹部)

評判を呼んだ2019年の採用サイト

 三井住友FGの奥正之元会長も小誌の取材に「彼はアイデアマンだった」と振り返る。その型破りな発想はどこから生まれたのか。

〈若い人にもやりたいことを〉

 太田氏は京都市出身。私立洛星中高を卒業後、京都大学法学部に進学した。高校まではバスケットボール部、大学ではアメリカンフットボール部に所属。当時は身長180センチ、体重100キロだったという。

 1982年に「間口が広く、やりたいことが見つかりそうだ」との理由で、旧住友銀行に就職。最初に配属された大阪駅前支店の同僚と結婚している。中国での海外研修を経て、国際投融資部に配属された。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる