《日大アメフト“大麻汚染”》林真理子理事長 vs 澤田康広副学長「暗闘と無策400日」

悪質タックル・内田元監督は「アメフト部は廃部すべき」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 スポーツ 教育

 日本一のマンモス大学のメルトダウンが止まらない。大麻問題が混迷を極めた最大の原因は大学の隠蔽体質に他ならない。さらには理事長と副学長の場外バトルも勃発する始末。泥沼と化す400日の暗闘の内幕を全部書く!

 2009年に新築された地下1階、地上3階建てのクリーム色の集合住宅。学生アメフト界の雄「日本大学フェニックス」の専用学生寮は、東京都中野区南台の閑静な住宅街にある。

アメフト部専用の寮

「100人ほどいる部員のうち、この寮に入っているのは40人前後で、多くが関西方面から入学したスポーツ推薦の学生です。その中に、部屋で大麻を使っている人がいると話題になったのは、去年秋のことでした」(現役部員)

 それから約400日後の11月30日。日大が文科省に提出した改善計画に「フェニックス廃部」の方針が明記されたのだ。

フェニックスの練習場

〈競技スポーツ運営委員会の決定により、アメフト部は廃部となる事が決まりましたので報告します〉

 監督の中村敏英氏が、情報共有ツール「Slack」を通じ、アメフト部員に通告してきたのは、11月28日の夜のことだ。

中村監督は「廃部」をSNSで報告

「3人目の逮捕者が出た翌日でしたが、シロの部員がほとんど。みんなで部を立て直し、来年の目標を決めようと話している最中でしたので、戸惑いました。そもそもSlack以外で監督やコーチの声を聞くことがなく、状況が全く分からない」(前出・部員)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる