ホンダ「N-BOX」の部品「管理基準に満たない検査結果を隠して納品」トーヨータイヤに検査結果“不正報告”の疑い《現役社員が告発&内部資料入手》

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

ビジネス 社会 企業 商品

「ホンダの人気車種『N-BOX』には、当社が製造している部品が使用されています。しかし、ホンダとの契約で取り決められている部品の管理基準から大幅に外れた数値のまま、納入されているのです。本来は管理基準に適合した部品しか許されないのですが……」

 

 こう告発するのは大手自動車部品メーカーのTOYO TIRE(トーヨータイヤ)株式会社の現役社員だ。

トーヨータイヤHPより

 トーヨータイヤは1945年、大阪市で東洋ゴム工業として設立された。従業員数は1万1744名(2022年12月31日時点)で、2022年12月期の連結売上高は4972億円。2017年からはモビリティ分野に注力し、それ以降、売上高は年に約1000億円ほど増えるなど成長を続けている。2019年には「第二の創業の年」として社名を「東洋ゴム工業」から現在のトーヨータイヤに変更している。

 モータースポーツへの取り組みも知られており、2023年7月にはトヨタが運営するダカールラリーチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」との契約更新を発表。車両に使用されるタイヤの供給を行っている。

 そんなトーヨータイヤはトヨタを始め、大手自動車メーカーに部品の納入を行っている。「N-BOX」を販売するホンダもその1つだ。

人気のN-BOX(ホンダHPより)

「『N-BOX』は、軽自動車にもかかわらず、車内空間が広いことが特徴です。2011年の発売から2023年末時点までで累計販売台数が250万台を突破した人気車種です。昨年1年間だけでも約23万台が売れ、軽四輪車新車販売台数は9年連続1位を記録しています」(自動車業界担当記者)

 2023年10月には新型モデルが発売された。そんなホンダの看板車種「N-BOX」にトーヨータイヤ製の“不適合部品”が使用されている可能性があるというのだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 2

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫