茂木派から“総理の息子”と離脱決意 「加藤(勝信)の乱」が始まった!

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 名門派閥から“姫”が離脱するという衝撃的な出来事から約1カ月。動揺が広がる中、派内きっての能吏として知られた男は、周囲にこう語っていた。

 

「派閥には出方ってものがある」

 昨年までは54人を擁した、茂木敏充幹事長率いる茂木派。だが、その崩壊が止まらない。

「1月31日、西銘恒三郎元復興大臣が退会届を提出。退会者は計8名となりました」(政治部デスク)

茂木氏

 茂木派こと「平成研究会」といえば、吉田茂、田中角栄両元首相の流れを汲む保守本流派閥。竹下登氏、橋本龍太郎氏、小渕恵三氏といった歴代首相や“参院のドン”と呼ばれた青木幹雄氏を輩出してきた。

「そのため茂木派は、小渕優子選対委員長や橋本岳元厚労副大臣、青木一彦参院議員といった“政界ロイヤルファミリー”の子女たちに支えられてきた。その一角を担ったのが加藤勝信前厚労相です」(同前)

 元大蔵官僚の加藤氏は加藤六月元農水相の娘婿。歴とした“政界ロイヤルファミリー”の一員である。

「2000年の衆院選では民主党から出馬準備を進めたものの、橋本龍太郎氏の口添えで自民党入りし、03年の初当選後に橋本派に入会。派閥の首相候補として、領袖の茂木氏のライバルでもあった」(同前)

加藤氏

 そんな茂木派では1月25日に小渕氏が退会宣言。呼応するかのように、青木氏ら4人の参院議員も続々と退会した。こうした動きを、息を潜めて見つめていたのが加藤氏だった。

「小渕氏の退会が報じられた際、加藤氏は真っ先に小渕氏に電話して『党の執行部だから派閥を抜けるんですよね?』と3回も確認したそうです。かつて党議決定された政治改革大綱に“党執行部の派閥離脱”が明記されていることから、選対委員長の小渕氏もこれに準じた離脱であり、茂木派に遺恨がないことを確認したのです」(茂木派関係者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 2

  • 6

  • 2

source : 週刊文春 2024年2月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫