7月の都知事選で3選が確実視されていた小池氏の経歴詐称疑惑が再燃している。元側近が4年前の偽装工作を懺悔告発したのだ。この4年間、都庁に君臨した女帝は、歪な側近政治で支配し、血税バラマキを続けてきた。

 

▶大使館が小池擁護のSNS後に「エジプトに都民の血税9700万が」

▶「全てを知る男」は元警視総監の長男 千代田区長が行方不明「公務もドタキャン」

▶濱渦元副知事が「百合ちゃん、虚の人生は引退しな」

▶萩生田がクーデター指示「小池を総裁選で担ぐぞ」

 

 東京都庁第一庁舎5階の会見場。緑色を基調とした市松模様のバックパネルには〈みどりと生きるまちづくり〉〈TOKYO GREEN BIZ〉と標語が記されている。毎週金曜日午後2時、このパネルを背に定例会見を行うのが、小池百合子東京都知事(71)である。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 12

  • 109

  • 18

source : 週刊文春 2024年4月25日号