昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「月曜断食」で10キロ以上やせた40代、50代、それぞれの事情

簡単にできる「月曜断食メニュー」ついてます

胃腸を休ませることで得られた効果

山口 私は一昨年に事業を始めたのでものすごく忙しくて、とにかくいつも具合が悪かったんです。2~3ヶ月に一度は高熱で寝込んだりして。でも月曜断食を始めてから1回も熱を出してないし、生理痛もなくて夏バテもせず、周りが引くぐらい元気。あとは、飲んでも二日酔いにならなくなりました。

もとがや 私はお酒に早く酔うようになりましたね。仲間と話したら、「腸内環境がよくなったからじゃない」と言われて納得。吸収がよくなったみたいです。

山口 あと、月曜断食を始めてから筋肉が軟らかくなってて、最初二の腕とかいまの倍ぐらいあったんですけど、肉が柔らかくなってすとんと落ちた感じがします。

関口 お肉と一緒で、脂肪のかたまりって冷たいと硬いけど、温かい鉄板の上に置くと柔らかくなる。人間の脂肪も燃焼する力が強くなってくると血流もよくなり、肉が柔らかくなってくるんです。いままで細胞を修復できなかったのが、胃腸を休ませることで筋肉や肝臓の修復もしやすくなってるんですね。

月曜断食による気づき

I子 私は月曜断食を経て、いかに今まで自分が食べてるものを気にしてなかったかに気づかされました。コンビニで余分なものを買ってたし、添加物がたくさん入ってる加工食品もいろいろ食べてたなぁと。時間はかけられなくても、なるべく自分で素材を買ってきて作るようになりました。あと無類のパン好きだったのが、いまは土日に、すごく美味しいものをちょっと食べればいいかなって。

島田 私も前は毎日おやつにパンを食べてたのが、いまは那須高原の美味しいパン屋さんでしか買わないぞ、と(笑)。人工甘味料とか化学調味料系の食べ物も避けるようになって、気持ちが穏やかになった気がします。

山口 最初は試しにやって4~5キロ痩せようぐらいのノリだったんですが、途中から減量じゃなくて体調を整える目的にシフトしましたね。月曜断食は私にとって、ダイエットというよりは一生これで健康管理していくバイブルになりました。

もとがや 太ったとしてもすぐ元に戻せるというのが、本当にノーストレスなんですよね。私は人と会うときは普通に食べたり飲んだりしてるし、お正月も別に増えてもいいよって思ってます。あまり細かく栄養を考えなくてもトータルでバランスが取れてるし、健康を身につけられたという実感がありますから。あと私が人に勧めるときは、断食というよりは胃腸を休ませるっていう目的でやってみるといいって話してます。「空腹に耐えられるかな?」じゃなくて、視点を変えて「今日は休ませる日」って思うと、楽しんでやれる気がします。

島田 何よりも3食、きちんと食べなきゃっていう思い込みから解放されたのが良かったです。案外食べなくても生きていけるし、そのほうが活動的になれるのは発見でした(笑)。

関口 みなさんが月曜断食という方法で、人生がいきいきとしてさらに輝きを増してるというのが、何よりもうれしいですね。食べることが楽しみだからこそ、しっかり胃腸を休ませる習慣を大事にしてもらえたらと思っています。僕も正月に3キロ太ったんだけど、いま2キロ戻したところです(笑)。今日はありがとうございました。

©深野未季/文藝春秋