昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

世界中で大ブーム カニカマのすごい実力に気づいてないのは日本人だけ

『カニカマ100皿』の中から3つのレシピをご紹介

『カニカマ100皿』(カニカマファンクラブ 著)

 スーパーの片隅で売られているカニカマ。このカニカマのスーパーすぎる実力をご存じだろうか?

 カニカマは、能登の食品加工会社スギヨが昭和40年代の後半に、人工クラゲの開発中に失敗作としてたまたまできたものがカニの食感にそっくりだったことから誕生した日本発の食材なのだが、今や、日本以上に世界で大ブームなのだ。

 タイでは本物のカニ肉よりも、味が濃くてゴージャスな食べ物として、シーフード料理はもちろん、寿司にも使われているという。現地に長年住む日本人に聞いたところ、タイの寿司屋での人気ベスト3は、(1)サーモン、(2)マグロ、(3)カニカマ なのだとか。

 また、ヨーロッパでもカニカマは人気らしい。スペインではカニカマのアヒージョが定番化しているようだし、パリでもSURIMIという名前で、スティックタイプやフレークタイプなどいろいろな種類をスーパーで売っていて、家庭ではそのまま食べたりキッシュに入れたりするそう。また、カニカマが入ったサンドイッチやバゲットは定番だし、テイクアウト用のサラダにもよく入っていて、ヘルシー食材として大人気だという。

 なんと、カニカマのカニ以上の魅力に気づいていなかったのは、日本人だけだった……。というわけで、日本でもカニカマブームを盛り上げるべく、カニカマ愛好家集団カニカマファンクラブがこのたび「カニカマ100皿」を上梓。カニカマを使ったレシピをなんと、100皿に渡って紹介している。

 和食はもちろん、イタリアン、中華、エスニックとどんなレシピにも姿を変える変幻自在ぶりは、まさにスーパー! ここでは、その中から、カニカマの凄い実力を十分に堪能できるレシピを3つご紹介する。

はてなブックマークに追加