昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

仕事場初潜入!「その釣竿、何に使うんですか?」 “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #3

植田まさし、70歳。「コボちゃん」「かりあげクン」「フリテンくん」、そしてこの夏「おとぼけ部長代理」としてリニューアルした「おとぼけ課長」などの作品で、日本の4コマ漫画界の先頭を走り続ける「巨匠」である。インタビュー前編中編につづく3回目は、ベールに包まれた仕事場訪問記。

“秘密道具”「ネタダブり防止カード」、幻の作品画、そして謎の「釣竿」――。植田先生直々の解説付きで、すべてをたぶん、初公開!

植田ワールドの登場人物たちが壁に勢揃い!

「コボちゃん」「かりあげクン」たちが生まれる仕事場を大公開!
机の上に貼られている登場人物たち
「らくてんパパ」の名前は丸田太という

―― お邪魔します。いやー、すごい……。机の上に貼られているのは登場人物のスケッチですね。顔の向きとかは、確認しながら描いているんですか?

植田 いやこれはもう、昔から貼ってあるだけ。

―― この仕事場になってからどれくらいになるんですか?

植田 28年くらいになるかな。

コボちゃんの「田畑家家系図」

―― これはコボちゃんの家系図ですね。

植田 アニメになったときに、エイケン(アニメ制作会社)がくれたんですよ。

幻の作品を発見!

 

―― あっ! 「女刑事マキ」! 幻の作品……。

植田 そうですね、これは私の作品で唯一、単行本になっていないから。『週刊読売』で連載してたんですけど、たぶん一冊分ないんじゃないかな。

はてなブックマークに追加