昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

青木 るえか
2017/10/08

“スイーツ大河”と言われる『直虎』は、『真田丸』より甘くない!――青木るえか「テレビ健康診断」

『おんな城主 直虎』(NHK総合)

柴咲コウ ©文藝春秋

 夕方、水戸黄門とかの再放送をやってるので見るともなく見てるんだけど、村のガンコな刀鍛冶の一人娘とか、親の仇を探して旅する武家娘とかの芝居が、ため息でるほどへたなことが多い。暴露雑誌が「番組プロデューサーが自分の愛人を押し込んでる」なんて書いてるのを信じてしまいそうになるぐらい棒読み棒叫びの芝居なのだ。しかし主役は黄門様や金さんや上様で、愛人かもしれない女優は手を変え品を変え出てくるけど同一人物が継続して棒読み棒叫びで出続けるわけではないから、まあいいかと見逃す。

 で、大河ドラマの話です。『おんな城主 直虎』は『真田丸』よりも断然好きである。女が主人公で脚本家も女性だからか「スイーツ大河」とか言う人がいるがそもそもこういう時のスイーツって何を意味するのだ? 甘ったるいってこと? 突然恋愛要素が混入してくるとか?

 うるさいほど甘いクスグリを入れてくるといえば『真田丸』はすごかった。おとぎ話の度合いとしても、あれよあれよと信繁が気に入られる『真田丸』のほうが「甘ったるい」ぞ。『直虎』は、最初からやたら陰惨なことが淡々と続いて、大概ビターである。それだけに直虎が自ら磔台の小野政次を刺し殺すところなどは、ちょっと狙いすぎ、ある種の女性客をキャーキャー言わす、こういうのがスイーツなんだよ、と鼻白んだが、それぐらいしないと視聴率は稼げないか(視聴率はずっと振るわないらしいが、『真田丸』も悪かったみたいだし何が正しいのかわからない)。

 そのように『直虎』を好んでいる私ですが、ひとつどうにもこうにもひっかかっていることがある。

 柴咲コウの叫び声です。

 何しろ「おんな城主」であるからときの声をあげるとか、大音声で呼ばわるとか、怒るとか感極まってとか、何か大事な局面で叫ぶ。別れを告げる柳楽優弥にむかって「共に生きることができぬではないか!」と叫ぶ。ビターかつスイート、クライマックス!

 その叫び声が、どうにも、へたなんじゃないのか……。

 直虎が叫ぶたびに、黄門様や金さんや上様時代劇の「ちちうえのかたき〜〜」という腰の入らない甲高い棒叫びを思い出してしまう。目つきとかはかっこいいから、今後は叫ばないでほしいんだけど、おんな城主としては難しいか。ここは声を潰して渋声にするぐらいの意気込みで後半戦をお願いしたい。

▼『おんな城主 直虎』
NHK総合 日 20:00~20:45

はてなブックマークに追加