昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

阪神大震災のときラブホにいたという数奇な運命について――岡宗秀吾×森山直太朗×御徒町凧×大根仁

『煩悩ウォーク』刊行記念、大盛り上がりのイベントレポート第2部

 テレビディレクター岡宗秀吾さんによる全部実話の青春特盛りエッセイ『煩悩ウォーク』。その出版記念イベントの模様をお伝えするシリーズも第2部に突入。いよいよ森山直太朗さん、御徒町凧(かいと)さんの登場です! 途中から映画監督の大根仁さんも駆けつけてくれました! 司会は第1部前半後半につづき、堀雅人さん。

◆◆◆

直太朗ファンが多すぎる

『煩悩ウォーク』(岡宗秀吾 著)

岡宗 それでは、盟友、森山直太朗と御徒町凧です!

(会場拍手)

岡宗 俺ら、ド頭では、アウェイやと思ってたんですよ。直太朗ファンが多すぎるって。

御徒町 3年くらい前に出た直太朗の『自由の限界』っていうツアーのDVDで、フェイク・ドキュメンタリーを岡宗さんに撮ってもらってるんで、初めて見た人って感じじゃないと思うんですよ。

岡宗 え、だって、俺、出てないやろ?

御徒町 でもナレーションやられてましたし、この声聞けばわかりますよね。

岡宗 それまで直太朗くんは、所謂(いわゆる)ドキュメンタリーというのは撮ったことがなかったんだよね?

森山 あんまりやってないですね。大昔に1回くらいあったけど。

岡宗 それくらいだよね。そのとき、直太朗くんのお姉さんで、おぎやはぎの小木さんの奥さんの奈歩さんが……。

御徒町 当時、直太朗のチーフマネージャーをやっていたんですよね。

岡宗 俺と奈歩さんはもともと仲良くて、「直太朗の新機軸って感じの映像をお願いしたい」と直々にお話をいただいて、フェイク・ドキュメンタリーを撮ろうということになって。軽く筋を作りつつもご本人のアドリブというか、俺との会話の中で作っていってつなげていったんだけど、楽しかったねー。

森山 楽しかったですねー。

岡宗 俺ら、ワンテイクでバチバチ決めたもんな。

森山 音楽も楽しいけど、ずっとこんなことやっていたいと思いました。ずっとゆるく嘘をつき続けたいと。夢のような時間でした。

岡宗 直太朗くんがものすごく真摯に制作活動をやっているという筋で、高音を出すために蜂蜜を一気飲みしたり、極寒の中滝に打たれにいったりね。

紅白歌手を殺しかけた

森山 滝のロケの日は小雪がちらついていて、少し風邪気味だったんですけど、岡宗さんの顔を見てたらやらざるを得ない感じだったので、そのまま滝に入っていって。

岡宗 でも結構すぐに出てきちゃったのよ。

会場が引くほど苦しそうな直太朗さんの滝行シーン

森山 僕には永遠に感じたんですよ。「すぐに出てきた」って言われても釈然としない。すごくチキンみたいな言われ方してますけど、急激に体温が下がって視界がキューッて狭くなって。朦朧とする意識の中に、演じなければいけないという僕の俳優魂みたいなものもあって。

「視界がサザエさんのワイプのように狭くなった」という直太朗さん

御徒町 俳優じゃないから(笑)。

森山 岡宗さんは俺の異変に気付いていると思うんですけど、和製マイケル・ムーアとして、とにかくこのカメラを止めてはいけないと思ってるみたいで。僕はもう真っ青で、「はい、今、トラウマ・ナウ!」って感じだったんですけど、そこで岡宗さんが「どうっすかー、『さくら』みたいな曲、できましたかー?」って。

岡宗 だってもうワンテイクやらせられないでしょ。だからNGにならないように、カメラ止めなかったんよ。でも俺のひどいところは、「熱い風呂に入れてやろう」と思って温泉宿に向かったんだけど、行ったら休みでさ。「あー、俺は、紅白歌手を殺しかけたー」と。

(一同爆笑)

森山 あの滝のシーンだけは、真のドキュメンタリーでしたよ。

岡宗 普通、バラエティ番組でも、演者さんが挑戦する前にスタッフが試すんですよね。

 最低限のマナーですよね。

岡宗 でも、このとき、やらんかったから(笑)。

森山 こんなストレンジな体験を2人でできたんで、そこから岡宗さんに対して気安くなったというか。