昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コスプレスタジオ運営で年商1億円超 儲かる秘密を聞いてみた

2018/03/12

 ご存知の方も多いと思うが、漫画やアニメ、ゲームに登場するキャラクターになりきり、イベントに参加したり、写真撮影を楽しむ人たちのことをコスプレイヤーと呼ぶ。そのほとんどが女性で、彼女たちがコスプレ姿をより魅力的に撮影できる場所として、ここ数年、人気を集めているのがコスプレスタジオだ。一般的なスタジオとは異なり、廃墟や教室、図書室など、漫画やアニメ、ゲームの舞台を彷彿とさせる内装が施され、その世界にどっぷりと浸りながら撮影できるのが特徴だ。

 最近では、えなこさんのようにテレビ番組に出演したり、雑誌のグラビアを飾るなど世間的に注目を集めるコスプレイヤーも登場。それに憧れ、自分が有名になる手段としてコスプレを始める人も急増中。そんな時代の流れもあり、コスプレスタジオの経営は、驚くほど儲かるのだという。

「TOKYO UNDER GROUND shinjuku studio」のバイオカプセルセット
「TOKYO UNDER GROUND shinjuku studio」の西洋風書斎エリア

 そこでコスプレスタジオの先駆けのひとつであるアイルートスタジオをはじめ、アイロッタスタジオ、アイルーインスタジオ、TOKYO UNDER GROUNDなど現在、東京都内を中心に9つのスタジオを経営するConyさんに、その実態を伺った。

60万円の元手が、わずか2年で1億円に

 現在、40代半ばのConyさんが60万円を元手に1軒目のスタジオをオープンしたのは2013年のこと。今から5年前の話だ。そこから少しずつスタジオを増やしていくのだが、驚くべきことに4つ目のスタジオが完成した2年目には年商1億円を突破。3年目以降は年間で1億円台半ばから2億円に迫る売上を計上し続けている。ちなみに今、社員は社長であるConyさんひとり。仮想通貨の“億り人”さながらの稼ぎっぷりだが、この数字はコスプレスタジオの運営のみで叩き出したものだという。なぜ、そんなに儲かるのか? そしてConyさん流の成功の秘密とは?

業界では知られた存在のConyさん

 Conyさんの経歴を紐解くと、静岡県内の高校を卒業後、都内の大学で建築を学び、新卒で大手住宅メーカーに就職。建設の現場監督として奔走し、仕事漬けの日々を送る。2007年に退職すると、昔からやってみたかったカメラマンに転身。撮影を請け負う会社を転々としながらブライダルやスポーツ、学校写真など、さまざまな現場を経験。コスプレイヤーの撮影も始め、コスプレイベントを主催するようにもなっていく。

「当時はコスプレに使うウィッグやカラコン(カラーコンタクト)に安価な中国製が登場した頃。子どものお小遣いの範囲でも楽しめるようになり、コスプレイヤーの若年化が進行していました。一方で、一眼タイプのデジタルカメラや機材の価格がこなれてきて、趣味としてコスプレイヤーの写真を撮る、おもに中年男性が増えてきた頃でもあります。コスプレ撮影自体は盛り上がっていましたが、私個人にとっては、タダでレベルの高い写真を撮る人たちがいる中で、プロカメラマンとして稼ぐのはかなり厳しい状況になっていったんです」

「TOKYO UNDER GROUND shinjuku studio」の魔法使いエリア