昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/03/12

作品の世界に浸れる内装をつくり込み、人気が定着

「もともと建物自体が倉庫だったこともあり、電気も水道も通っていない状態でしたが、3階のスタジオの受付をお願いしていたアルバイトのスタッフにも手伝ってもらいながら、できる限りDIYでリノベーションを行いました。この時に最初のスタジオで得た利益を使って、教室や図書室、和室や廃墟など、漫画やアニメによく出てくる場所をイメージした内装をつくり込んだんです」

 その後もConyさんは、300平方メートルで家賃14万円の元皮革工場の物件や、ひとつ上のフロアの水が天井から漏れるため、四谷にもかかわらず140平方メートルで家賃12万円の物件など、激安物件を見つけたら契約し、自分たちでリノベーション。スタジオをどんどん増やしていった。

「COSPLAYERS ARCHIVEが行った数年前の調査によれば、週末に活動する関東エリアのコスプレイヤーはおよそ3万人。うちの系列だと大きなスタジオでも1日の収容人数は100人程度。当初はコスプレスタジオ自体が少なく、供給が不足していたので、スタジオの数を増やしても、そのほとんどが毎週末に混み合うという状況が続きました」

 しかし、そのうちコスプレスタジオが増えてきて、同業他社の中にはうまくいかずに潰れてしまうところも。なぜConyさんのスタジオは、多くのコスプレイヤーを魅了し続けているのか?

水やスモークを使った特殊撮影で、一躍有名に

「さまざまなシチュエーション(部屋)を用意した上で、他社と差別化するために、特殊撮影ができるスタジオを作りました。するとそれが評判となり、コスプレ業界でうちのスタジオの知名度が上がっていったんです」

水撮影。被写体背面にブルーのフィルターを付けたストロボを設置。光に線を生み出すクロスフィルターをレンズに装着。左右から上下に差をつけて被写体めがけて水を撒いて撮影している

 例えば、代表的な特殊撮影のひとつが水を使った撮影だ。

「防水のスタジオを作って、飛ばした水にストロボの光を当てて撮影ができるようにしました。例えば、青いストロボの光を当てると水や氷、赤いストロボの光を当てると炎を表現できます。水や氷を使う魔法使いになりきったり、水泳アニメの水しぶきを再現したりできるんです。シャワーで水を降らせて、雨の中で仲間が倒れるシーンなども撮影できますよ」

多重露光によるスモーク撮影。被写体の背後にスモークを噴射。そこに向けてグリーンのフィルターを付けたストロボを背後から発光させている。浮いている瓦礫は事前に同じ構図で投げて素材撮りしたものを多重露光で組み合わせた

「スモークマシンを使った撮影も人気で、足元に広がる煙がまるで雲海のように見えたり、背後に色のついた煙が広がるような、独特の世界観をつくりあげることができますね」

 Conyさんによれば、こうしたコスプレ業界特有の撮影技法が10種類ほど存在し、スタジオ撮影の価値をあげているという。

魔法陣のような装飾など、細かいディテールがコスプレイヤーには嬉しい。写真は「TOKYO UNDER GROUND shinjuku studio」の魔法使いエリア