昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

與那覇 潤
2018/04/14

うつ病は「ストレスが原因」とは限らない――「うつ」に関する10の誤解 5・6

與那覇 潤『知性は死なない』第2章を特別公開

genre : ライフ, 医療, 読書

 躁うつ病(双極性障害)を患い、大学を休職、ついには離職に至った與那覇潤さん。このたび『知性は死なない――平成の鬱をこえて』を上梓し、詳細に体験を著しました。本書の第2章より、「『うつ』に関する10の誤解」を5回シリーズで公開します。

前回「うつ」に関する10の誤解 3・4

誤解5 うつ病は「過労やストレス」が原因である

 昔にくらべれば、うつ病にたいする社会の理解も深まっている――こういうときに多くの人が思い浮かべるのが、「うつになった人は、過酷な労働環境の犠牲者だ」という認識でしょう。私は「うつはこころの風邪」とは異なり、病者の権利を守るという意味では、このいい方をむげに否定するべきではないと思っています。

 もちろん、その裏返しで「大学教員なんて、恵まれた職場じゃないか。ブラック企業でもないくせに、うつ病になるなんて甘えだ」という誹謗(ひぼう)をこうむったことはあります。しかし、ほんとうに違法すれすれの現場で働かされている人の気持ちを思えば、そんな中傷くらい、たいしたことではありません。

 とはいえ医学的には、これは誤っています。

©iStock.com