昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大谷翔平「二刀流のせいでケガをした」という“先入観”を乗りこえて

『大谷翔平 野球翔年 Ⅰ日本編2013-2018』著者が追った5年間の軌跡

2018/06/29

「プロを舐めるな」

 大谷翔平がケガをすると、必ずこういう声が噴き出てくる。

 二刀流のせいだ。

 もう、そろそろいいんじゃないのか。

 どっちかに絞ればいいのに。

 今に始まった話ではない。

©鈴木七絵/文藝春秋

 前例のないことに遭遇すると、人はつい既成の枠に当てはめて考えようとしてしまう。大谷がプロの世界で二刀流に挑戦しようとしたとき、ほとんどすべての野球人は異を唱えた。なぜなら、プロの世界でピッチャーとしてもバッターとしてもトップレベルを目指すなんて話は聞いたことがなかったからだ。そして、こう続ける。

 どっちも中途半端になる。

 ケガをするぞ。

 プロを舐めるな。