昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集神童は大人になってどうなったのか?

1964年に東大合格したZ会出身の神童は、大人になってどうなったのか?――2018上半期BEST5

Z会会員の難関大学合格実績はすごい

2018/08/24

2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。社会部門の第5位は、こちら!(初公開日:2018年3月10日)。

*  *  *

©iStock.com

 Z会の通信添削。

 東京大受験生からいまもむかしも圧倒的に支持されている通信教育である。Z会会員の難関大学合格実績はすごい。2017年度は東京大1100人、京都大924人、早稲田大2797人、慶應義塾大1873人。

 Z会の通信教育は難問ぞろいで解くのにやたら時間がかかった。上位成績者は灘とか開成とかばっかりである。

 いまから半世紀以上前のこと、1964年の東大入試でもZ会会員がブイブイ言わせていた(当時は増進会と名乗っていた)。高校別、上位校の東京大合格者のうちZ会会員数は次のとおり(カッコ内が会員数)。当時は都立高校全盛期で、1位 日比谷 193人(81)、2位 西 156人(53)、3位 戸山 101人(24)、4位 新宿 96人(28)……9位 灘 56人(21)、10位 東京教育大学附属駒場 52人(28)、11位 開成 42人(12)。

増進会旬報(1964年8月1日発行) ©小林哲夫

 1964年、増進会は大学合格者名簿を作っている(「増進会旬報 1964年8月1日発行」)。同名簿の東京大合格者は、いわば1964年Z会同窓生である。なかなか興味深い人たちが並ぶ(カッコ内は出身高校)。

この記事の画像