昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

フレンチシェフ・坂田幹靖が考える東北での“食の復興”
東北との縁が深まるにつれて、坂田シェフの銀座のレストランのお食事券がふるさと納税の返礼品に使われたり、東北から生徒さんたちが東京への修学旅行・研修旅行などで訪ねてくるように。写真は岩手県八幡平(はちまんだい)の中学生。シェフにインタビューした後、銀座にある岩手県の物産館を見学して、ふるさとの品々が東京で売られているのを見て感激。復興の担い手たち、がんばれ!
8/13
東北との縁が深まるにつれて、坂田シェフの銀座のレストランのお食事券がふるさと納税の返礼品に使われたり、東北から生徒さんたちが東京への修学旅行・研修旅行などで訪ねてくるように。写真は岩手県八幡平(はちまんだい)の中学生。シェフにインタビューした後、銀座にある岩手県の物産館を見学して、ふるさとの品々が東京で売られているのを見て感激。復興の担い手たち、がんばれ!
記事本文に戻る