文春オンライン

父が「家を売って、車を売って」家族で上京…SixTONES松村北斗が“稔さん”でブレイクするまで

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を10倍楽しむ10の秘密

長台詞をリハーサルから完璧にこなし…

 制作統括の堀之内氏が言う。

「オーディションが初対面で、どんなお芝居をする方かは知らなかったんです。ご本人は『僕は昭和が似合うとよく言われるんです。逆に今の時代のほうが大変で(笑)』とおっしゃっていましたが、学生服のマントと帽子、長い脚という佇まいは本当にカッコよかった。特に第9話、橘家の皆さんに自分の思いを伝えるシーンは、長台詞を一人で語るのですが、リハーサルから完璧だった。あれほど素晴らしいお芝居をされるなんて驚きました」

 橘家の父・金太役の甲本雅裕(56)が、その第9話の演技をこう評する。

ADVERTISEMENT

「そこが、彼との初共演だったんです。父として『結婚を許すわけにいかん!』と臨んだのですが、稔君と相対した時、思わず『許しちゃおうかな』と(笑)。それほど純粋な気持ちが伝わってくる青年を演じておられて、感心しました」

出会った頃の稔さんと安子(写真 NHK提供)

現役アイドルならではの苦労も

 この場面に同席していた橘家の祖父・杵太郎役の大和田伸也も口を揃える。

「顔合わせの時は、髪も長めで今風の青年だと思っていたのですが、髪の短い彼にあのシーンで初めて会って、私も思わずときめきました。『いい青年が来た!』と。あれなら安子が惚れたのも、その後も思い続けるのも納得です」

 一方で、現役アイドルならではの苦労もあった。岡山ことば指導を担当していた高野暢子氏が明かす。

「東京でライブやバラエティの仕事をして戻ってくると、せっかく覚えた岡山弁のイントネーションが抜けてしまうんです。そんな彼に、萌音ちゃんは『東京にかぶれて戻ってきて!』と冗談を言っていました(笑)」

 アイドルとして、そして役者として、松村の活躍はTO BE CONTINUED。

父が「家を売って、車を売って」家族で上京…SixTONES松村北斗が“稔さん”でブレイクするまで

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録

関連記事