昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ジャニーズのワイルド系ユーチューバー「SixTONES」世界デビューへ メンバーは「滝沢くんを信じて」

 ジャニーズJr.の人気ユニット「SixTONES(ストーンズ)」が世界デビューへ向けて動き始めていることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

 SixTONESのメンバーは6人。米国人父と日本人母のハーフであるジェシー(23)、高地優吾(こうちゆうご・25)、松村北斗(ほくと・24)、森本慎太郎(22)に加え、俳優・京本政樹の息子である京本大我(たいが・24)や、元KAT-TUNの田中聖の弟・田中樹(じゅり・24)など、芸能界のサラブレッドも顔を揃える。

汐留駅に掲示された「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンの特大ポスター  ©文藝春秋

結成当初は将来を嘱望されていたが……

「当時人気の高かったジュニアを集め、2015年にユニットを結成しました。小学生のうちからジャニーズ事務所に入所しているメンバーも多く、ジェシーや京本はジャニーさんのお気に入りでした。だからSixTONESは結成当初は、将来を嘱望されていたのです。
 しかし、結局は鳴かず飛ばず。10代で売れるのがジャニーズアイドルの王道ですが、彼らは“いい年齢”に差し掛かり、デビューは難しいだろうと囁かれるようになっていたのです」(ジャニーズ事務所関係者)

 SixTONESが活動を始めた2015年といえば、飯島三智氏が画策した「SMAP独立計画」が浮上し、ジャニーズ事務所内の状勢が風雲急を告げる時期と重なっていた。2014年のジャニーズWEST以来、デビュー組も出ておらず、ジャニーズJr.の中には不平不満のガスが溜まっていた。

Youtube公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」。Snow Man、Travis Japan、SixTONES 、美 少年、HiHi Jetsの動画が曜日替わりでアップされる。

2018年1月の「契約書問題」でジュニアは険悪に

 先行き不透明な閉塞感に、SixTONESメンバーも苛立ちを隠せない様子だったという。

「2016年のSMAP解散を受けて、2017年以降は事務所内の“改革”が行われました。タレントとの契約問題もきっちりしようという上層部の意向から、2018年の1月には事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすということになった(※「退所発表のジャニーズJr.『Love-tune』メンバーを悩ませた“契約書問題”」)。

 ただ、この契約書問題は、ジュニアをナーバスにさせました。みんなが暗く沈んでいた。他ユニットの悪口ばかり言っていて、足を引っ張り合うようなこともありました。腐っていました」(同前)