文春オンライン

「空気力学的には、NPB球でもWBC球でもほとんど変わらず変化します。佐々木投手のフォークは、進行方向を軸に回転する『ジャイロ回転』が多いのが特徴ですが、今回の試合のフォークは、完全試合を達成した時よりジャイロ回転が弱いため落差が小さかったように見えました」

2009年WBCでの渡辺俊介氏 撮影 佐貫直哉

元日本代表投手が実践していた“意外な対策”

 では、どうすればNPB公式球と同じように投げることができるのか。渡辺氏が振り返る。

「ルールに抵触しない範囲で、滑りを抑える工夫をしていました。僕の場合、いつでも汗を使って球に湿り気を与えられるよう、大会中は後髪を伸ばしていましたね」

 弘法は筆を選ばず、佐々木も球を選ばず結果が出せるよう調整を始めたばかり。来年3月のWBC本番では、後髪を伸ばした佐々木の姿が見られるかも!?

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー