文春オンライン
《今年2月にホリプロ退社》小島瑠璃子(29)が年下サウナ社長と“極秘結婚”! 夫は取材に「前回の結婚との重複期間については明確に否定」

《今年2月にホリプロ退社》小島瑠璃子(29)が年下サウナ社長と“極秘結婚”! 夫は取材に「前回の結婚との重複期間については明確に否定」

genre : エンタメ, 芸能

note

 あの人は今――。かつて毎日のようにテレビに出演していた、 “バラエティクイーン”小島瑠璃子(29)が、今年3月に会社経営者と極秘で入籍したことが「文春オンライン」の取材でわかった。

小島瑠璃子(本人のInstagramより)

 小島がテレビ出演429本で、出演本数女性タレント部門1位に輝いたのは2015年。しかし立て続けにレギュラー番組を降板するなどして、テレビ出演が激減。ここ数年は奔放な発言などで批判を浴び、次第に“炎上クイーン”とも揶揄されるようになった。

 しかしながら心機一転、昨年8月に2023年から中国へ留学することを発表。実質、芸能界引退状態となり、今ではまったくと言っていいほど表舞台に立っていない。

ADVERTISEMENT

 そのなかでひそかに愛を育み、結婚していたようだ。しかし関係者は、「まあ、いろいろあったみたいですけどね」と苦笑する。一体、小島になにがあったのだろうか。

「こじるり無双」に影響を与えた“あの熱愛”

 小島は高校1年生だった15歳で、2009年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」グランプリを獲得して芸能界デビューを果たした。グラドルとして水着姿にも挑戦しているが、小島が本領を発揮したのはテレビ番組でのコメント力だった。業界内外問わず高く評価され、テレビに引っ張りだこの人気タレントとして活躍した。

中学時代の小島瑠璃子。当時は吹奏楽部に所属していた(同級生提供)

「2017年の衆院選では生中継リポートも任され、持ち前の頭の回転を活かした的確なコメントから『こじるり無双』という言葉が話題になりました。しかし、“あの熱愛”の衝撃が強く、仕事にも影響を及ぼしてしまった印象がありますね」(スポーツ紙記者)

 “あの熱愛”というのは、人気マンガ「キングダム」(集英社)の作者・原泰久氏との交際だ。「週刊ポスト」(2020年8月14日・21日号)が“福岡手つなぎデート”をスクープ。その後、「週刊文春」(2020年9月3日号)で、原氏の前妻と交際していた元グラビアアイドルを巻き込んだ“略奪愛”や“四角関係”が報じられた。

 小島は昨年8月に、中国留学の発表と同時に芸能の仕事を徐々にセーブしていくと発表。今年1月からはSNSの更新も止まっている。その間に人知れず結婚していたという急展開だが、小島の周囲に取材を進めると「以前から結婚願望を強く抱いていた」(テレビ局関係者)という。

 実際に、原氏と破局した後の2021年7月6日深夜放送の「グータンヌーボ2」(フジテレビ系)では《めっちゃ結婚願望あるんですよね》と話している。さらに、《30歳までは婚活して楽しくやろうかな》とも吐露していた。