週刊文春 電子版

岸田首相に期待するのは「何もしないこと」|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第16回 

三木谷 浩史

連載

ビジネス 社会 経済 企業 テクノロジー 医療

(みきたにひろし 1965年神戸市生まれ。88年に一橋大学卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行。退職後、97年にエム・ディー・エム(現・楽天グループ)を設立し、楽天市場を開設。現在はEコマースと金融を柱に、通信や医療など幅広く事業を展開している。)

岸田首相は「新しい日本型資本主義」を掲げるが……

 僕はIT企業を中心に作る経済団体「新経済連盟」の代表理事を務めている。2012年に活動を開始した団体だが、新経連が主張している内容はとてもシンプルだ。

「民でできることは民に」

 金融やIP(知的財産)、エネルギー政策や人材、さらには移民政策とダイバーシティの重要性、教育改革まで――。僕らの提言のテーマは多岐にわたるが、全てが最終的にこのキーワードに集約されると言ってもいい。

 なぜ「民でできることは民に」なのか。

 先日行われた総裁選でも、この言葉を掲げた一枚のA3ペーパーを持って、各候補を訪ねて回った。

「我々の考えている成長戦略をぜひ説明させて下さい」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる