週刊文春 電子版

第30回 岸田政権はいつまで続くのか

「週刊文春」編集長

 10月14日、衆議院が解散されました。4年ぶりの総選挙です。今週は、全289選挙区の完全予測を掲載しました。何度か書いていますが、高校生の頃から選挙オタクだった私。このページを見ているだけで、何時間でもいけます。予測がどうなっているかは、記事をご覧いただくとして、私が注目しているのは、長期政権の後始末です。

 自民党政権になって、5年以上続いた政権は4つあります。長い順に、安倍晋三、佐藤栄作、小泉純一郎、中曽根康弘。長期政権が終わるといずれも混迷の時期を迎えます。

 佐藤政権は、田中角栄が後継者となり、高い支持率を誇りましたが、衆院選では予想外に議席を伸ばせず、参院選で敗北。三木武夫が引き継ぎましたが、任期満了選挙で自民党は過半数割れしました。

 中曽根政権の後は、竹下登総理となりましたが、リクルート事件で退陣に追い込まれ、1989年の参院選で自民党は大敗。政治改革の風が吹き荒れ、1993年の衆院選ではついに政権を失いました。

 そして、小泉政権が終わると安倍晋三、福田康夫、麻生太郎と1年ごとに総理が代わり、2009年の衆院選では民主党に政権交代しました。

 8年弱という歴代最長の安倍政権の後、菅義偉は1年で退陣。岸田文雄が引き継ぎました。世論調査の数字を見る限り、政権交代の雰囲気は全くありません。菅首相の退陣、4人による総裁選の結果、自民党の支持率は急回復。その“余裕”が岸田総理誕生を生みました。

 また、岸田政権の体制を見ていると、金銭授受で知られる甘利明幹事長や地味な新閣僚の大量起用など、選挙に勝つための人事を行っているようには見えません。この“余裕”、一つ間違えれば“驕り”がどう出るか。

 岸田政権の特徴は、支持率、不支持率が共に低いことです。安倍政権は支持率は平均して高かったですが、不支持率も高かった。安倍政権の勝ちパターンは、自分たちの支持層をガッチリ固めつつ、野党を割る。野党の選挙準備が整わないタイミングで、電撃的に選挙を行う戦略でした。安倍政権下の自民党の小選挙区得票数は約2600万票前後。2009年に政権を失った時の得票数の約2700万票より減らしているのです。それなのに、勝てたのは野党が割れていたからに他なりません。

 今回、野党第一党の立憲民主党は、禁断の共産党と組みました。ここまでして、議席を伸ばせなければ、枝野幸男代表の責任論が浮上するのは必至。そこで枝野代表が続投すれば、新たな路線を求めて、党の分裂が始まる可能性もあります。

 一方、岸田首相にとっても、衆院選で思ったより議席を減らすことになれば、来年夏には参院選が待っています。2016年の参院選で与党は大勝しており、議席維持は簡単ではありません。佐藤政権の後を継いだ田中角栄に近いパターンになり、求心力を失って、“岸田下ろし”が始まり、また1年で総理交代となるかもしれません。

 支持も不支持も薄い岸田首相により、自民党支持層、野党支持層がどこまで投票に行くか、野党に候補一本化効果がどうでるか。これが選挙の結果を分けることになりそうです。風向きがわからない選挙だけに、投票日まで、選挙オタクの楽しみは続きます。

「週刊文春」編集長 加藤晃彦

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる