週刊文春 電子版

兵庫児童放火殺人 失踪の伯父が語っていたこと

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 手を繋いで通学するほど仲良し兄弟だった2人の遺体は、焼け落ちた木造住宅の1階で、離れ離れになって発見された。

 万葉集に「いなみ野」と詠まれた兵庫県稲美町。ため池が広がる田園地帯に火の手が上がったのは、11月19日午後11時50分頃。燃え盛る炎は瞬く間に、約220平米の木造一軒家を飲み込んだ。

焼け落ちた家

 焼け跡に残されていた遺体は2つ。この家に住んでいた小学6年生の兄と小学1年生の弟と見られる。彼らは父(58)と母(49)、母の兄に当たる伯父・A氏(51)の5人で暮らしていた。

 当日、父は仕事帰りの母を迎えに行くため車で外出。火災が発生したのは、それから20分後のことだった。

「死因は急性一酸化炭素中毒。焼け跡に残された繊維の燃え滓からガソリンの成分が検出され、放火殺人の線が浮かんだ。県警は何者かが屋内でガソリンをまいて火を付けたとみて、現住建造物等放火容疑で捜査本部を設置。火災の直後に徒歩で外出したA氏を、重要参考人として行方を追っています」(社会部記者)

 2児の母は、広大な田畑を所有する先祖代々の米農家の、4人きょうだいの次女として生まれた。

「20代前半で結婚し、1児をもうけた彼女は数年後に離婚。その後、今の夫と知り合い、現場となった実家に移り住む」(近隣住民)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる