週刊文春 電子版

森友事件 新メール発見 赤木俊夫さんが遺していた「辞職も念頭に」

PICKUP!

ニュース 社会

「ある時期を目処に仕事を辞職することも念頭にあります(単に体調不調だけではなく、当局の考えや事案対応に相当の違和感と疑問がぬぐえない)」

 森友学園との土地取引を巡る公文書改ざん事件で2018年3月7日に命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さん。改ざん後うつ病で休職していた時期、2歳下の弟に送った4通のメールが新たに見つかった。誠実な公務員を追い詰めたのは、改ざんという不正に手を染めた“当局”へのぬぐいがたい不信感だった。

改ざん直後の2017年5月の俊夫さん

 メールは俊夫さんの自宅のパソコンに残っていた。死の間際に改ざんを告発する遺書を書き残したパソコンだ。妻の雅子さんは長いこと見る気になれなかったが、資料の整理のため久しぶりに開けると、夫の弟へのメールがあった。最初は17年8月11日。休職してひと月もたっていない。

「私は、本年2月以降、前例のない事案の担当のため、本年6月末まで毎月100時間を超える残業時間が続き、休日出勤する日もありました。その間、気が張っていたこともあって、風邪など引くこともなく、休暇をとらずに何とか定期人事異動の6月末まで乗り越えてきたのですが、7月以降の人事異動がないことがわかると、急に疲れがあふれかえり、6月中旬頃からは、不眠症が続き、首筋の痛みが続いていたため、遂に7月15日、メンタルクリニックを受診しました」

弟にあてたメール

 雅子さんは思い出した。日に日に落ち込んでいく俊夫さんは、7月の人事異動で職場を変えてもらうことを心の支えにしていた。ところが6月下旬に異動がないとわかると、こらえていたものが堰を切ったようにあふれだした。改ざんに関わった上司ら全員が転出し、自分だけ取り残され全責任を負わされると苦しんだ末、うつ病と診断され休職することになった。

 メールでは辞職も念頭にある理由として、当局の事案対応への「違和感と疑問」をあげている。当局とは財務本省と近畿財務局、事案対応とは森友事案であり、違和感と疑問は改ざんや虚偽答弁など一連の不正行為を指すとわかる。だが具体的なことは伏せている。早い段階で辞職を覚悟する一方、弟に改ざんの事実を明かす決意はまだ固まっていなかったとうかがえる。

 次のメールは10月。

スクラップ帳の新聞コラム

「どうしても焦る気持ちと背中合わせとなって、一歩進み、二歩下がるを繰り返しています」「まぁーちゃん(雅子さん)にも心労をかけているので、余計に、どのように復帰できるかなどの気持ちが焦ってしまいます」(10月23日)

 一進一退の病状でも妻の雅子さんを気遣う様子が表れている。だが俊夫さんはさらに追い込まれていく。

「まぁーちゃんも、これまで半年間ほんとうによくぼくのことを支えてくれてきたのに、未だに自分の不安などをぼやいたり精神状態をぶつけてしまい、彼女も限界にきているのを感じます。さらに、このことが自分自身の罪悪感につながっています」(12月13日)

「今僕の気持ち(メンタル)は、最低の所にいて、絶望感すら感じている。抜け出す道が見えないのと、パワーがない。辛く、苦しい気持ちでいっぱい」「まぁーちゃんも限界にきている。ありがとうの気持ちは込めているが、僕のマイナス思考が飛び出す。一体、僕の頭と心はどうなっているのか?」(12月19日)

 それから2カ月半後、俊夫さんは自宅で命を絶つ。一連のメールを見て雅子さんはどう感じたか尋ねた。

「最初は『どうして私に言ってくれなかったんやろう』って思ったんです。私に言ってほしかったって。でも考えてみたら夫はきっと、自分をこれほど苦しめる元になっていることを、私に抱え込ませたらかわいそうやと思ったんでしょうね」

 ほかにも見つかったものがある。俊夫さんのスクラップ帳にあった、東日本大震災の翌年4月、読売新聞のコラム「地球を読む」。東大客員教授だった御厨貴氏が震災で記録を残さない官庁の問題を指摘している。

「たまたま発覚したこの事実の根は、とても深いのだ。この国の各官庁の暗黙の公文書管理のあり方を、すべて『公文書管理法』にのっとってシステム化せねばならないが、それは一人一人の官僚の仕事に臨む際の意識改革を迫っていることに他ならない」

スクラップしていた新聞記事には公文書管理のあり方が……

 まるで財務省の改ざん事件を予言しているようだ。このコラムを保存していた俊夫さんの公務員としての意識の高さもわかる。それだけに改ざんをさせられたことがいかに苦痛だったか伝わってくる。

 ところが俊夫さんを死に追い込んだ理由について、何度となく繰り返された“誤解の波”が最近またも広がっている。今月人事院から俊夫さんの公務災害認定の文書が開示されたのがきっかけだ。そこに「改ざん」の文字がなく、国会やマスコミ対応が過重だったとされているから、責任を野党やマスコミにすり替えるSNSの書き込みが目立つ。産経新聞は11月20日付の1面コラム産経抄で書いた。だが、そうだろうか?

 答えは俊夫さんの遺書にある。週刊文春(20年3月26日号)に全文掲載された。読めばわかる。

財務省の“優しさの欠如”

「事案を長期化・複雑化させているのは、財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いていることが最大の原因でありますし、この対応に心身ともに痛み苦しんでいます」

 苦しみの原因が財務省にあると明確に記している。

「決裁文書の調書の差し替え(筆者注/改ざん)は事実です。元は、すべて、佐川(宣寿)理財局長の指示です」

「現場として私はこれに相当抵抗しました」

「この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました」

 改ざんが問題の根底にある。野党やマスコミを責める言葉はない。だから雅子さんは「夫は財務省に殺された」と感じたのだ。それなのに人事院の文書にはなぜ書かれていないのか?

 人事院は財務省の文書を元にしている。財務省は雅子さんが公務災害を申し立てた際の文書を使っている。申し立ては俊夫さんが亡くなった翌月、当時の代理人の弁護士(今は違う)が請け負っていた。近畿財務局での勤務歴があり財務局が雅子さんに紹介した。弁護士は、財務局が作った下書きに合わせて申立書を書いたと認めている。役所のお手盛りだから役所に不都合なことは書かれない。雅子さんは後にこの弁護士に不信感を抱き、提訴前に今の弁護団を選んだ。

 俊夫さんが職場の同僚に書いたメールもあった。

「仕事上で生じたメンタルの病気なのに、上司も含めて当局の対応に寂しさ(優しさの欠如)を感じています」

 これに雅子さんは……、

「職場で不正なことをやらされて、異動できずに一人残されてうつ病になっても職場の方から優しい言葉はほとんどありませんでした。寂しかったと思います。

 でも夫のメールは職場の何に疑問や不信感があったのか具体的には書いていません。改ざんのことを1人で抱え込んで苦しんでいたんやなあって思います」

 改ざんの責任は誰に? 背景にある国有地8億円値引きの責任は? 雅子さんは「私は真実が知りたい」のだ。国や佐川氏相手の裁判では、俊夫さんを追い詰めた心理的な負荷が争点の一つになっている。今回見つかったメールは、新たな重要証拠となるだろう。

(あいざわふゆき 1962年宮崎県生まれ。東大法学部卒業後、87年にNHK入局。18年夏にNHKを退職し、現在フリー記者。近著に『真実をつかむ』、赤木雅子さんとの共著『私は真実が知りたい』。)

source : 週刊文春 2021年12月2日号

文春リークス
閉じる