週刊文春 電子版

【検証】オミクロン株の破壊力 感染力、ワクチン、重症化

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 国際 医療

 デルタ株を上回る危険性を孕む「オミクロン株」感染者が日本でも確認された。

 WHOが警戒レベルの最も高い「VOC(懸念される変異株)」に指定してから4日後の11月30日、ナミビアより到着した30代男性外交官から検出されたと政府が公表。

 早くも国内へ入り込んだ“最悪の変異株”の、まだ不明な点の多い感染力やワクチン効果を検証する。

 

 オミクロン株が、新変異株「Nu」として最初に発見されたのは11月11日。アフリカ南部のボツワナにおいてだった。程なくして隣国の南アフリカなどでも感染が確認。そして、11月30日時点で感染が確認された国・地域は、日本以外にもイギリス、オランダ、ドイツなどの欧州各国、イスラエル、香港、オーストラリア、カナダなど続出している。日本政府は11月30日以降、外国人の入国を原則禁止した。

岸田首相は外国人の原則入国禁止を発表

 旅行代理店関係者が、現地の混乱ぶりを明かす。

「現在、南アから脱出を試みる日本人は大勢いますが、オランダ経由の帰国便を手配しても現地の航空会社から『渡航制限で搭乗できない』と断られ、日本へのルートがほぼシャットアウトされパニック状態です」

 オミクロン株を警戒すべき理由の1つは、その伝播スピードにある。インペリアル・カレッジ・ロンドンの小野昌弘准教授(免疫学)が語る。

「南アのハウテン州という地方で、急激にオミクロン株の感染者が増加。同国では2週間でPCR検査の陽性率が1%から30%にまで激増しました」

 10月中旬に1日平均で300人程度だった新規感染者数も、11月27日には3220人に急増。うち8割強にあたる2629人がハウテン州の感染者だった。陽性者は若者が多く、体の痛みや倦怠感を訴えているという。

 南アでは、11月初旬まではデルタ株が主流だった。それがわずか2週間足らずでオミクロン株へ置き換わったと考察されている。医療ジャーナリストの森田豊医師が言う。

「ウイルスは、基本的に感染力が高いものが低いものを駆逐する。つまりオミクロン株は、これまで最強といわれたデルタ株を押しのける感染力を持つ可能性が高いのです」

 

 WHOが最高の警戒レベルに指定したのは、オランダの事例がきっかけだったという。関西福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学)が解説する。

「南アからオランダのスキポール空港に到着した2便の飛行機から、61名の陽性者が出た。後日、うち13名がオミクロン株に感染していたことが判明しました。2つの飛行機から感染者が出たことや、新たに欧州を含め多くの国で陽性者が出たことにより、この変異株が強力な感染力を持ち、各地で感染拡大をしている可能性があると判断されたのです」

 オミクロン株が強い感染力を持つ要因は何なのか。

「オミクロン株は全体で50以上の変異があります。そのうち32カ所がスパイクたんぱく質にみられています」(同前)

 コロナウイルスの画像には表面に多くのトゲが付いており、これがスパイクたんぱく質。その主な役割は、ヒトの細胞表面にある受容体に結合して感染を起こすことだ。

「オミクロン株には、スパイクたんぱく質の受容体への結合を促進するような変異が見られるのです。ゆえに感染性が高まっている可能性がある」(小野氏)

 香港では、11月25日時点で2名の感染事例が報告された。1人は南アからの渡航者A氏で、もう1人はカナダからの帰国者B氏だった。

「A氏は無症状だったが、隔離期間中、滞在中のホテルでマスクをせず、ドアを開けた。その行動で向かいの部屋に滞在していたB氏に感染させた可能性があるという」(厚労省担当記者)

 しかも重要なのはA、B氏ともに2回のワクチン接種を完了していたこと。つまりブレークスルー感染。オミクロン株がワクチンの効果を減弱させる可能性を示しているのだ。

「オミクロン株には、ヒトの細胞にくっつく一番先端の部分に多数の変異が集中し、いくつかの治療抗体から逃避すると思われる変異も入っています。これらの変異はヒトの体内で感染から身を守ってくれるようないくつかの中和抗体が効く場所でもあり、懸念材料です」(小野氏)

 WHOはワクチンや感染によって獲得した免疫を回避する可能性について、「一段の研究が必要」として、さらなるデータ解析を促している。

 前出の森田医師も警鐘を鳴らす。

「もし、オミクロン株に対してワクチンの効果が不十分だった場合、日本でも今冬、第5波を上回る第6波が到来してもおかしくありません」

 南アでは現在、ワクチンの接種完了率は24%程度。人口の4分の3が2回接種を終えた日本でもオミクロン株の跳梁を許してしまうのか。

南アでは出発便の欠航が続出

 米モデルナ社のCEOは、既存のワクチンの有効性はオミクロン株に対して「大きく低下するだろう」と発言している。

 小野氏も「ワクチンによる感染防御効果は落ちると予想されています」とした上で、こう語る。

「免疫というのは、身体の中で色々な抗体を作っている。それに対して、ウイルスに感染した細胞ごと排除できる様々なT細胞が反応します。多くの変異があるからウイルスが無敵になる、というわけではなく、体内で反応する抗体やT細胞は必ずいる。

 デルタ株のときと同じで、免疫系から完全に逃避して、ワクチンが全く効かなくなるということはないはずです。そして、重症化を防ぐ効果もある程度はあるはずだと思います」

今、我々にできることは

ワクチンは効くのか?

 WHOは、現在のところオミクロン株による死亡例は報告されていないと発表。重症化回避というワクチンの重要な役割が維持されるのならそれは吉報だ。だがワクチンは接種から約半年で感染予防効果が半分程度に減弱する。3回目のブースター接種を受けるのも、対策の1つになるだろう。

 また、オミクロン株に対応すべく新たなワクチンの開発も始まっている。ファイザーは、新ワクチンは「100日以内に出荷できる」という見通しを示した。

 長崎大学の森内浩幸教授が語る。

「(ファイザー、モデルナなどの)mRNAワクチンの大きなメリットの1つは、早く作れること。ワクチンの中身をオミクロン株に対応するものに置き換えること自体は数日程度で可能です。ただし、最初のロットを工場から出荷できるようにラインを組んで完成させるまで、最低でも1カ月や6週間はかかると思います。多くの人に行き届くまでには数カ月かかるでしょう」

 国内に感染者が入った今、我々のすべきことは。東北大学災害科学国際研究所の児玉栄一教授が指摘する。

「やれることは変わりません。仮に空気感染であろうと、感染者から出てくるときは飛沫の形ですから、全員が不織布マスクをしていれば、予防効果は問題ないでしょう。これまで通り3密を避け、手洗い、消毒を継続してください」

 愚直な感染対策こそ感染の脅威から身を守る術。それはオミクロン株であろうと変わらない。

ベルリンでワクチン接種の順番を待つ市民

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる