週刊文春 電子版

立憲民主・泉健太代表 「敵」と「妻」と「カネ」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 逢坂誠二・元首相補佐官(62)との決選投票を制して、野党第1党の代表に就任した立憲民主党の泉健太氏。

「47歳の新しい“船長”に就任致しました」と挨拶したが、一体どんな船長なのか?

47歳、当選8回の泉氏

 京都3区が地盤だが、出身は北海道。父の故・訓雄氏は石狩市議を務めた。札幌開成高校から京都の立命館大学法学部に進学。卒業後、福山哲郎・前立憲幹事長の秘書になった。その縁で、2000年に京都3区から初出馬。25歳の全国最年少候補として注目されたが落選し、03年に初当選を果たした。

決選投票で敗れた逢坂氏

 その頃、泉氏には意中の女性がいた。当時選対本部長を務めた、元民主党京都府連幹事長の田渕五十生氏が明かす。

「初当選する半年ほど前、健太君が『大事な相談があります』と言ってきた。何かと思ったら『結婚したい人がいます。よろしいでしょうか?』と。私が『まずは目の前の選挙に勝つことが一番だ。それから結婚すればいい』と言うと、彼はその通りにしました」

 初当選直後はまだ独身。同僚議員としばしば合コンに出かけていた。だが結婚するやいなや、呼んでもまったく来なくなったという。

「あいつは付き合いが悪い。とにかく真面目なんだ。女子大生と合コンだと呼んでいるのに来ないんだよ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月09日

文春リークス
閉じる