週刊文春 電子版

ウソが次々と明るみに出て謝罪 メーガン妃勝訴の痛すぎる代償

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 国際

 父のトーマス・マークル氏宛ての手紙を不当に掲載されたとして、メーガン妃が大衆紙『メール・オン・サンデー』の発行元・ANLを訴えていた裁判で、メーガン妃が勝訴した。今年2月、高裁はメーガン妃の訴えを認める判決を下し、ANLは不服申し立てをしていたが、控訴院は12月2日、訴えを却下したのだ。

Netflixと巨額の契約を結んでいる夫妻

「彼女はヘンリー王子と結婚直後の18年8月、メディアで自分について語る父を批判する手紙を書いた。さらに友人にも父を非難させたため、腹を立てた父は手紙を『メール・オン・サンデー』に提供。同紙が手紙の約半分を19年2月に掲載したところ、メーガン妃は、プライバシーの侵害で提訴した」(英紙記者)

 判決を受けてメーガン妃は「正しいことのために、立ち向かうのを恐れていた人すべてにとっての勝利だ」との声明を出したが、実はこの結果は意外であった。

 というのも、ANLが提出した証人陳述で、「手紙は私信である」というメーガン妃の主張が覆されていたため。陳述をしたのが、夫妻の報道官を務めていたジェイソン・ナーフ氏だ。

「手紙の内容はメーガン妃がナーフ氏の助言を受けながら考案したこと、文中で父に『ダディ』と呼び掛けているのは、手紙が公になった際に印象が良くなることを意図した防御策だったことを語っている」(同前)

 極めつけは、裁判所に“謝罪”をしたこと。

 ANLは、「手紙は私的なものだとメーガン妃は語っているが、20年8月に出版された夫妻の馴れ初めや王室との確執を綴った『自由を求めて』では、夫妻は自分から私生活を公開している」と主張。本文中に「湯船に漬かりながらメールを打った」など本人しか知り得ない情報が記されるなど、夫妻の協力は明らかだったが、メーガン妃は「関わっていない」と法廷で証言していた。

 だがこれもナーフ氏の証言で覆された。著者に対してメーガン妃の意を受けて情報提供し、ヘンリー王子から「(著者と)無関係とするのに賛成だ」とのメールを受け取ったと語ったのだ。

 そのためメーガン妃は11月、「やり取りを覚えていなかったことを裁判所に謝罪します」と苦しい弁明をせざるを得なくなった。

 裁判所は「一部を公表するのは適切だった可能性はあるが、半分を公表するほどの理由は無い」との判決を下した。だが法廷でメーガン妃の“嘘”が明らかとなり、YouGov社の調査(11月24日)ではメーガン妃に対し「好意的だ」と答えたのは27%。4月から9ポイントも下落した。

 ANLは、最高裁へ上告する意向を示している。

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる