週刊文春 電子版

“ミセス京都”市議の政活費不正を夫が告発する

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「彼女は私を隠れ蓑に、市議会の政務活動費を詐取していたのです」

 この“彼女”とは豊田恵美京都市議(41)。そして告発する“私”は、何と彼女の夫、貴志氏なのである。

 恵美氏は2019年に初当選した、自民のホープ。

「コロナ対策で積極的に活動するなど行動力があり、重鎮議員に可愛がられ、『将来の市長候補、国政候補』との声もある」(市政関係者)

 

 171センチのスラリとした長身で、今年の「ミセス京都」初代ファイナリストにも名を連ねた“美魔女”でもある。しかし――。

「彼女は公金詐取に手を染めているのです」

 そう明かすのは夫・貴志氏だ。貴志氏は京都府議と市議を計3期務め、民主党や維新の会に所属した元政治家。前回の選挙で引退し、会社経営に専念。代わりに妻の恵美氏が出馬した。

「妻は議員になると豹変したのです。『先生』と呼ばれるうちに、偉くなったと錯覚したのか、家庭内でも暴言が増えました。私に『ヒモみたいやな』『自民はすごい』など、小ばかにするようになった」(貴志氏)

夫の貴志氏

 夫婦仲は悪化。離婚に向け話し合っていた今年9月、貴志氏は妻から暴力を受けたとして、警察に被害届を出した。

 そして貴志氏が家を整理していると、驚きの事実が発覚。それが恵美氏の政務活動費の不正だという。

 一体、どういうことか。京都市議には年間480万円の政務活動費が支給される。恵美氏は20年度の収支報告書に、このうち計約137万7000円を、一人の事務所職員の給与として計上。公表された報告書では個人情報は黒塗りだが、振込や給与支払の明細が毎月添付され、職員の労働時間として「80時間」「68時間」と書いてある。

昨年4月分の事務所職員給与を申請した報告書

 貴志氏が解説する。

「事務所職員とは私で、黒塗りの振込先口座も私名義。しかし私は昨年3月、事故で頸椎捻挫の大けがをし、それ以降、ほぼ仕事をしていません。証拠もある」

 と、貴志氏が示した資料は、恵美氏の自筆で、保険会社に提出した『休業損害証明書』。3~11月は貴志氏が休業し、給与を支払っていないと明記されている。

昨年3~11月分の休業損害証明書

「つまり妻は、実際には休んでいた私が『労働している』とする書類を市議会に提出。架空の人件費を不正に受給していた疑いがあるのです。しかも口座名義は私ですが、管理していたのは妻。妻は別居後に200万円以上を引き出した」(同前)

 夫からのまさかの告発。恵美氏に事実関係を尋ねると、書面で概ね次のように回答した。

「貴志氏には地域回りやポスター張り替え、事務作業等、様々な業務に従事してもらっています。20年4月~21年3月についても労働の実態があります。貴志氏が休業損害金を申請している事は知りませんでした」

 だが貴志氏に再確認すると「証拠通り私は働いていない。この期に及んで妻は嘘ばかり。自筆で記していて『休業損害金の申請を知らなかった』とは呆れる」。

 政務活動費に詳しい、新海聡弁護士はこう語る。

「市議が虚偽の書類を作ったとすれば、濃厚な故意性や計画性がうかがわれ、詐欺罪に問われる可能性もある。また『夫は働いていた』と言い繕っても、休業損害証明書に虚偽を記した保険金詐欺か、となる」

“ミセス”の振る舞いに、古都の看板が泣いている。

趣味は詩吟(公式HPより)

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる