週刊文春 電子版

帰省OKでいいの? オミクロンはコロナ“終わりの始まり”か

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

 12月7日現在、日本国内で確認されているオミクロン株への感染は、邦人一人を含む三例。いずれも海外からの入国の際、空港検疫で発見されたものだ。

 厚労省担当記者はいう。

「外国人の新規入国は原則停止。オミクロン株流行国に指定された地域からの入国者は、検疫所が用意した施設で決められた日数を待機するなどの“水際対策”を取っているが、オミクロン株の感染力はデルタ株を凌駕するといわれる。市中感染が見つかるのも時間の問題と考えておくべき」

 11月26日、WHOが警戒レベルの最も高い「VOC(懸念される変異株)」に指定したオミクロン株は急速に勢力を拡大し、感染が確認された国・地域は、瞬く間に50に近づいた。

最高ランクの警戒を呼びかけるWHOのテドロス事務局長

 南アフリカでは、10月時点で9割がデルタ株への感染だったが、11月末にはオミクロン株が7割超と、速いスピードで置き換わっている。その感染力が強いことは確実だ。

 現行のワクチンがオミクロン株に対してどの程度の効果を発揮できるかも未知数。国内の感染例はいずれもワクチン2回接種済みだった(2人はモデルナ、1人はファイザー)。

 そもそもオミクロン株が登場してまだ一カ月。国際医療福祉大学の和田耕治教授(公衆衛生学)が指摘する。

「真の感染力や病原性の強さなど、全貌が見えてくるまでにはもう少し時間を要する。今はまだ対策の打ち出し方が難しい時期。デルタ株同様、これまで通り感染予防対策を徹底しよう、ということに尽きる」

 年の瀬の時期、特に気になるのは年末年始への影響だ。この正月こそ帰省できると期待していた人も多いはずだが……。鹿児島大学感染防御学講座の西順一郎教授が語る。

「現時点では、オミクロン株の出現を理由に、正月の帰省を取りやめる必要はないと思います。ですが、その1~2週間前の行動には十分気をつけていただきたい。例えば、忘年会など不特定多数が集まる場への参加は控える。逆に、忘年会に出席したいのなら、帰省や高齢のご両親と会う機会は考え直すべきでしょう」

 無論、帰省は家族が2回のワクチン接種を終えていることが前提となる。

昨年末の東京駅の帰省風景

 コロナ禍も、はや2年近い。パンデミックの収束をゴールとするならば“現在地”はどこなのか。

 人類は幾度となくパンデミックに直面してきた。近代で最も甚大な被害を出したのが、1918年に大流行した「スペインかぜ」だ。

 ウイルスに詳しい大阪健康安全基盤研究所元理事長の奥野良信氏が解説する。

「スペインかぜをもたらした正体は、新型インフルエンザウイルスでした。当時の世界人口約20億人の3分の1が罹患し、4000万人が亡くなったともいわれます。日本でも都合三波で約40万人が命を落とした」

スペインかぜと闘った米国の赤十字ボランティア

 とりわけ日本で猛威を振るったのは18年秋からの第一波。人口の36%にあたる約2100万人が罹患し約25万人が亡くなった(致死率1.2%)。続く20年初頭がピークの第二波は感染者240万人と大きく下がったが、致死率は5.3%と上昇。そして第三波は感染者22万人に留まった(致死率1.7%)。

 今から100年前、ワクチンや抗生物質も存在しない時代。コロナより遥かに大規模な流行を、人類はどうやって乗り切ったのか。

「流行期間は約2年。3年目の1920年に起きた第三波が収まって以降、流行はほぼ途絶えました。正確には、感染してもそれほど強い症状が出なくなっていった。これは、集団免疫が獲得できたためだと考えられます」(同前)

 ウイルスが消滅したわけではない。その子孫は、今もインフルエンザウイルスA型の一つとして存在している。

 奥野氏は、これがコロナの辿っていく道を示していると見ている。

「インフルエンザとコロナは異なるウイルスですが、今回も、人類と共存するウイルスに落ち着いていく可能性があります」(同前)

 加えて、100年の間に科学は長足の進歩を遂げた。インペリアル・カレッジ・ロンドンの小野昌弘准教授(免疫学)が語る。

「これまでのパンデミックと違うのは、先進各国が徹底的な科学戦を行っていること。科学技術でウイルスの流行、変異をモニタリングし、政治的に人の動きを制限する一方、科学の方面から武器となるワクチンや治療薬を開発していく。これは過去のパンデミックでは、なかったことです」

 

 ワクチンは人為的に集団免疫を獲得する手段。オミクロン株に対しても全く効かなくなることはないと指摘されている。日本政府は2度目のワクチンから「原則8カ月以上」の間隔を目安としていたブースター接種時期を、前倒しする方針も示唆した。

 だが、世界のすべてがワクチンの恩恵を享受できているわけではない。

「アフリカの一部のように、モニタリングやワクチン、治療薬にアクセスできないまま放置されている地域も存在します。ウイルスの感染と複製が繰り返され、そうした地域が変異株発生の“ゆりかご”になってしまう恐れはあります」(同前)

 オミクロン株が最初に発見されたのも、アフリカ南部のボツワナだった。

「確実に出口に向かっている」

「この2年間で、確実にパンデミックが出口に向かって進んでいることは間違いありません。ただし、オミクロン株かどうかは別として、もしワクチンが効かず、より感染力・重症化度の高い変異株が出現した場合、かなり後退する可能性があることも今はまだ留意しておくべきでしょう」(同前)

 西氏はコロナ禍の現在地について、こう考察する。

「コロナのようにRNAをゲノムとするウイルスは変異を繰り返して進化していきますが、原則として、感染が広がりやすい方向、感染力を高める方向に変異します。ワクチンなどでヒトに免疫ができれば、それを回避しやすく変異したタイプが残っていく」

 一方で、病原性は弱まる方向に変わるケースが多いという。宿主の体力がある程度維持され、行動してくれた方が、ウイルスは広がりやすいからだ。今のところ、オミクロン株感染者の大多数は軽症か無症状だ。

「オミクロン株についてはまだ予断を許しませんが、ヒトの社会に入って来た呼吸器系のウイルスは、こうしてマイナーチェンジを繰り返し、次第に風邪のウイルスのように変化するのが原則です」(同前)

 コロナもその過程にあるとすれば、コロナとの戦いは“終わりの始まり”に差し掛かっているともいえるのかもしれない。

 公立陶生病院感染症内科主任部長の武藤義和医師は語る。

「当院では患者さんに抗体療法を行っていますが、経験上、これがあれば重症化はまず防げるというレベルの効果がある。さらに、間もなくコロナ治療の内服薬も出始めます」

 現在の医療方針がオミクロン株に有効かどうかは確定できる段階にないが、

「オミクロン株の遺伝子検査の結果、重症化リスクが変化するという明確なデータは現時点では確認されていません。であれば治療が確立した現在、もし流行株として置き換わったとしても、医療現場の逼迫や崩壊を招くような事態は想像しにくい。仮にこの先、第六波を経験し、今の医療体制で対処可能と確信できれば、トンネルの出口は見え始めたといえるでしょう」(同前)

 今を乗り切れば出口は見え始める――そう考え、年末を油断せず過ごしたい。

 

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる