週刊文春 電子版

紀子さま「消えた笑顔」 娘の反抗、夫の無理解

《紀子さまの一言に眞子さんの怒り「会話もないのに…」》《6年前ネックレスを娘と“共用”結婚延期後無言の田植え》《佳子さまダンスを母に反対され“偽装引退”》《熱烈新婚“かわいい紀子ちゃん”中国語でこっそり会話》《「あなたはすぐ寝るから…」夫への不満と職員叱責》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 皇室

 かつて「3LDKのプリンセス」と呼ばれた紀子さまだが、予想もしなかった形で「将来の国母」となり、時に批判的な報道にも悩まされるようになった。そして今年、愛する父を喪い、娘は異国へ旅立った。その胸に今何が……。

 陽光が降り注ぐメタセコイアの林の中を、談笑しながら歩んでこられるお三方。11月30日の秋篠宮(56)の誕生日にあたり公開された、赤坂御用地で秋篠宮と次女の佳子さま(26)、悠仁さま(15)が語り合われる映像だ。

 結婚し渡米した長女の眞子さん(30)はもういない。さらに、例年なら秋篠宮の隣に寄り添われる紀子さま(55)の姿も、そこにはなかった。普段よりお二方も少ないためか、今年の映像は、ご一家の雰囲気もどこか寂しげに見える。

先月56歳になられた秋篠宮

「紀子さまは11月4日に死去した父・川嶋辰彦学習院大学名誉教授の服喪期間のため、撮影への参加をご遠慮されました。同6日に行われた家族葬では、紀子さまは車の中でもうつむかれ、遠目に見ても憔悴しきったご様子でした。紀子さまにとっては、眞子さんの渡米という寂しい出来事に川嶋氏の死去が重なり、さぞご心痛だったことでしょう」(宮内庁担当記者)

学習院大時代の紀子さま

 ご成婚時、日本中を魅了した「紀子さまスマイル」。23歳の花嫁は、やがて「次代の天皇の母」という重責を背負った。初々しかった笑顔はいつしか「氷の微笑み」と呼ばれるようになった。そして近年、令和皇室に大きな波紋を広げた眞子さんの結婚問題に直面し、紀子さまは心からの笑顔を失ってしまわれたように映る。

 運命に翻弄され続ける紀子さま。その31年間に、何が起きていたのか。

9月に55歳になられた紀子さま

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる