週刊文春 電子版

日大とドン田中を支配した「女の一生」 売れない演歌歌手が女帝になるまで

西﨑 伸彦

PICKUP!

ニュース 社会

 日大の“ドン”と呼ばれた男は、妻に「ふざけんじゃないわよ!」と一喝されるとおとなしくなったという。現金授受の場面に同席し、税務申告も引き受けた“女帝”こそ、日大事件の真のキーパーソンだ。彼女の来歴に迫る。

 駿河台にある日本大学病院の特別室。ここに入院していた日本大学の田中英寿前理事長(75)が東京地検特捜部に所得税法違反の疑いで逮捕されたのは11月29日のことだった。

 

 地検の係官が声を掛けると、田中氏は取り乱すことなく指示に従ったという。

 しかし、連行される際、田中氏はひと言だけ、語気を強めてこう言い残した。

「私が逮捕されたことは絶対に妻には言わないでくれ」

 田中氏の妻、優子氏は、9月8日に特捜部が田中氏宅を家宅捜索した後、階段から転落。既往歴があった頭部に再び衝撃を受けたことで、一時は深刻な状況に陥っていたとされる。彼女は田中氏と同じ日大病院の別の部屋で入院生活を送っていたが、二人は連絡を取り合ってはいなかった。

 

 地検側は田中氏の哀願を受け入れ、妻に逮捕の事実を伝えなかったが、知らないはずの優子氏に、その後、異変が起こった。突如として喚き散らし、部屋の机をひっくり返したうえ、物を投げて壊すなど、手が付けられない状態に陥ったのだ。それはまるで、連れ合いが居なくなったことを本能で察知し、騒ぎ立てているようでもあった。生き別れを悲しみ、狂乱する姿は、日大を支配してきた歪んだ夫婦の肖像そのものだったーー。

 12月10日、日大は特捜部の強制捜査後、初めて記者会見を開き、学長兼新理事長となった加藤直人氏が田中前理事長と永久に決別することを宣言した。

会見を開いた加藤直人学長

「田中氏は理事長職を辞職、理事職は解任されています。彼の権力の源泉と言われた全国にあるOB会を束ねる校友会の会長職も、常任会で除名を内々に決定。唯一残る評議員としての立場も、田中氏を解任、全評議員は辞任の方針で動いているとされます」(日大関係者)

 田中体制からの脱却を図った日大だが、長年組織を蝕んできた病巣は、日大のドンである田中氏と、彼を操る女帝との捻じれた主従関係抜きには語れない。

「逮捕後の田中氏は、脱税容疑を否認していたものの、特捜部の追及に『妻が共謀に問われるなら俺が責任をとる』などと話し、容疑を認め始めています。実際のところ、取引業者から現金を受け取り、お礼の電話まで入れていた妻は税務申告も一手に引き受けていました。その妻を庇う言動は、田中氏と妻との力関係を如実に表している」(検察担当記者)

 夫唱婦随ならぬ、“婦唱夫随”の田中夫婦が歩んだ日大支配への道程とはどのようなものだったのか。

 始まりは、田中氏が日大に入学した1965年に遡る。青森県の農家の三男として生まれた田中氏は、地元の木造(きづくり)高校相撲部で頭角を現し、日大に進学。だが、名門相撲部の先輩たちによる苛めの洗礼は堪え難いものだったようだ。

「実は田中氏は1年生の時に2回、合宿所を無断で脱走。青森に逃げ帰ったことがあると聞いています。泰然自若とした今の印象とは違い、脆い面もあるのです」(相撲部関係者)

 1歳年下の優子氏とはこの頃に知り合っている。

 彼女は長野県出身の四姉妹の末っ子で、のちに演歌歌手を目指して上京した。

「優子氏の母親は阿佐ヶ谷で下駄屋を営み、そこを喫茶店に改修。さらに『五平』という名の居酒屋を始めた。これが今の『ちゃんこ料理 たなか』のルーツです。店には当時から阿佐ヶ谷に合宿所があった日大相撲部の学生が通って来ていて、そのうちの一人が田中氏だったのです」(当時を知る日大ОB)

ガサ入れをうける「ちゃんこ料理 たなか」

 優子氏は演歌歌手としてデビューし、三波春夫の舞台で前歌を務めていた過去をこう振り返っている。

〈テイチクからレコードを6枚ほど出して、5〜6年やったかしら、いい人生勉強になったけど、もう忘れたわよ〉(「女性自身」1994年2月1日号)

田中優子氏

 活動の実態は判然としないが、必死の売り込みにもかかわらず結果は鳴かず飛ばず。彼女はいつしか、本名の“征子”ではなく、“優子”を名乗り始めた。改名で不遇な時代を消し去りたかったのかもしれない。

 母親の店を手伝うようになった優子氏は相撲にのめり込み、追っ掛けのハシリのような存在だったという。当時阿佐ヶ谷には日大相撲部の隣に花籠部屋があり、彼女のお気に入りは若秩父という力士だった。

「若秩父だけでなく、花籠部屋にいた龍虎にも入れ込んでいたはず。やがて花籠部屋の親方の子息と交際し始めたのですが、別れ話になった時に、『結婚すると思っていたのに詐欺だ。金を払え』と大騒ぎし、纏まった金額が支払われたと聞いている」(角界関係者)

優子夫人を触る日大幹部

 その果てに彼女が選んだ結婚相手が、田中氏だった。奔放な優子氏を受け入れ、彼女の実家に転がり込んで、74年に結婚する1年前から同棲を始めた。

 田中氏の自著「土俵は円人生は縁」にはこうある。

〈まわりの人間から見れば、恋愛結婚ということになるんでしょうが、実態は最初から経済力のある彼女におんぶにだっこですよ〉

 前出の日大OBが明かす。

「田中氏は大学卒業後、日大に職員として就職し、相撲部のコーチをしながら現役を続行。3度アマチュア相撲の横綱になっています。本人も食べ盛りのうえ、部員の面倒もみなければいけないため、大学からの給与だけではとても賄えない。そこで、青森の父親に頼んで毎月10万円の仕送りを受けていました。それも3年で打ち切られたところに彼女との結婚話が浮上したのです」

 優子氏の母親は商才に長け、一方で高利貸しのようなこともしており、潤沢な資産を保有していた。

「実は田中氏は、結婚3年目に店から少し離れた場所に30歳にして二階建ての一軒家を建てています。銀行借り入れは一切なし。名義こそ田中氏ですが、金の出処は妻と義母だったようです。ここに田中夫婦が住んでいたのはわずかな期間で、あとは同郷の後輩に貸していました。この頃から田中氏のワイシャツはオーダーメイド。金満ぶりは図抜けていた」(同前)

 優子氏は、店の斜め向かいのビルにあるスナックの経営権を手に入れ、ちゃんこ料理の後は、そのスナック「ニューサンタナ」へと客を誘導。83年に相撲部監督に就任した田中氏の体育会人脈だけでなく、日大幹部らも客として次々と通い始め、金を落とした。

昨年1月の日大相撲部の祝賀会

「スナックでは、優子夫人がマイクを握り、自慢の喉を披露していました。美空ひばりの『人生一路』や『真実一路』を聴いたことがありますが、歌唱力は抜群でした」(日大元幹部)

 90年代、日本オリンピック委員会(JОC)は、古橋廣之進氏、八木祐四郎氏と日大出身者が二代続けて会長を務め、スポーツ界を牽引していたが、JОCの関係者も上客だった。

「八木氏の側近の、ある日大幹部はいつも酔うと優子夫人を触り始め、田中氏がやんわりと窘(たしな)めても『減るもんじゃあるまいし』と下品な悪態をついていた。逆にそれが弱みとなり、田中氏を助けることもあった。女盛りだった優子夫人の色香にやられ、田中氏のシンパになった日大幹部の噂が囁かれたこともあります。それは田中氏がJOCや日大で出世したことと無縁ではありません」(同前)

 94年にJOC理事、99年には日大理事となり、さらに高みを目指した田中氏には、常に優子氏の物心両面の献身があった。

 夫妻の転機は99年、後継者と考えていた日大出身の大翔鳳が32歳の若さで病死する悲劇に見舞われたことだった。子供のいない田中夫妻は、謙虚で努力家、人望もあった彼を養子縁組する準備も進め、店名も「大翔鳳」に変更。優子氏の姪っ子との結婚話も固まっていたとされる。

「この件にはもう少し複雑な事情が絡んでいます。ある時、相撲部の遠征の予定が早く終わり田中氏が自宅に戻ると、そこには優子氏と大翔鳳の姿があった。田中氏はこの時、二人の仲を疑ったようで、『養子縁組の話はナシだ』と怒りを爆発させた。ただ、優子夫人を責められない田中氏は、そこから大翔鳳に辛く当たるようになり、彼は途轍もないストレスを抱えることになったのです」(同前)

「髙山さんを呼ぶわよ」

 その矢先、大翔鳳に膵臓癌が見つかった。

「不憫に思った相撲部同期の舞の海らの尽力で、国技館ではなく、ホテルで断髪式が決行されましたが、田中氏の姿はありませんでした。その2カ月後、彼は亡くなったのです」(同前)

 寄る辺をなくした田中夫妻は、より強固に絆を結び、憑かれたように日大の頂きを目指した。田中氏は暴力団人脈を背景に、学内で隠然たる影響力を持ったが、彼が“兄弟分”と吹聴していた山口組若頭の髙山清司氏もまた、優子氏には一目を置いた。

「髙山氏と山口組六代目の司忍組長が揃ってちゃんこ屋を訪れたこともある。気を良くした優子氏は、以後騒がしい客がいて、言うことを聞かないと『髙山さんを呼ぶわよ』と得意気でした」(同前)

籔本被告(左上)、井ノ口被告(右上)と田中夫妻(日大HPより)

 08年に田中氏が理事長に上り詰めた後、優子夫人に巧みに取り入ったのが今回、背任罪で起訴された元理事の井ノ口忠男被告だ。

「井ノ口氏は優子氏から勧められた近所のマンションを購入。日大アメフト部ОBで、日大職員の長男を住まわせ、優子氏の運転手をさせていました」(同前)

 優子氏の実姉が責任者だった校友会ビルの喫茶ラウンジがなくなると、融通が利く日大事業部で、嘱託として実姉に給与を支給。徹底して優子氏の機嫌をとり、彼女もそれに応えた。

「学部の某局長が部下と店を訪れた時、優子氏が『井ノ口さんをよろしく頼みますよ』と声を掛けた。局長が少し嫌な顔をしたので、田中氏が割って入り、『まぁいいじゃないか。飲みに来ているんだから』と言うと、優子氏はグラスをわざとガチャンッと置き、『あなたね、誰のために今、理事長になっていると思ってんのよ。ふざけんじゃないわよ』と一喝。その剣幕に田中氏はシュンとなっていました」(同前)

 幹部人事にも口を挟むようになった優子氏に、誰も逆らう者はいなくなった。

「彼女の大のお気に入りだった遠藤関は、ある親方の娘で、日大本部の職員だった女性との結婚を優子氏に勧められたが、別の女性と19年に結婚。優子氏は報告に来た遠藤に破門を言い渡し、後援会組織『藤の会』も事実上の解散となった」(前出・角界関係者)

 今春には井ノ口氏の長男も優子氏に愛想を尽かし、大学を去った。近年は、頼みの田中氏も妻の目を盗んで、行きつけの飲食店に中国人女性と何度も訪れていた。同店の経営者が語る。

「彼女のために借りたマンションまで、料理を届けたこともあります。田中氏に奥さんのことを尋ねると、彼は『ちゃんこ屋がどうなろうが、俺にはどうでもいい』と話していた」

 女帝が生涯を捧げ、築き上げたものは“砂上の楼閣”だったのかもしれない。

 

(にしざきのぶひこ 1970年岡山県生まれ。立命館大学卒。「週刊ポスト」記者を経て、2006年から「週刊文春」記者。著書に『巨人軍「闇」の深層』(文春新書)。昨年11月に独立、フリーとして取材、執筆を続ける。)

source : 週刊文春 2021年12月23日号

文春リークス
閉じる