週刊文春 電子版

前澤友作 宇宙旅行で気になる今の資産残高

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 経済 マネー

「ここ宇宙から皆さん全員に、ハズレなしです! お金贈りをします!」

 12月18日、国際宇宙ステーションからそう宣言したのはZOZO創業者の前澤友作氏(46)。宇宙旅行の費用は約100億円というが、預金残高は果たして――。

宇宙には約12日間滞在した

 前澤氏がZOZOの保有株約19%をヤフー(現・Zホールディングス)に売却し、約1500億円の売却益を得たのは2019年11月のこと。金融ローンを返済した前澤氏の銀行通帳には、約1020億円もの残高が刻まれた。

 多額のキャッシュを手にした自称“お金配りおじさん”は活動を活発化。昨年1月にはお年玉キャンペーンを掲げ、100万円を1000人にプレゼントするなど2年半で約2万5000人に総額約32億円を配っている。

 さらに昨年2月には「前澤ファンド」を設立。今年元日には14社に対し、総額100億円規模の出資を打ち上げた(現在は16社)。

 だが、前澤氏をよく知る会社経営者は「どの事業もうまく軌道に乗っているとは言えない」と懸念する。

 例えば昨年5月、前澤氏の肝煎りで設立された株式会社「小さな一歩」。同社は離婚した親を対象に、元配偶者に対する養育費の取り立てを代行し、一定のマージンを得るというビジネスモデルである。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月30日・2022年1月6日号

文春リークス
閉じる