週刊文春 電子版

検証・オミクロン「1月危機」

《西浦教授の予測は「月末にも東京1000人の可能性」》《岸田官邸 は「東京1000人超えたら緊急事態宣言も」》《「水際対策はもう崩壊している」隔離者たちの悲鳴》《いらない感染対策 ハンドドライヤー休止は効果なし》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 医療

 東京の1日あたり感染者数は150人。年末に示された予測では、1月末にはこれが1000人に達する。オミクロンとの戦いは、早くも正念場を迎えつつある。今、我々が知るべきことは何か。国内外の識者の知見を総結集する。

「官邸では、いつ東京で感染者が1000人を超えるかを注視している。そうなれば、緊急事態宣言をいつ出すかを考えなければならない」

 こう危機感を周囲に示したのは、嶋田隆首相秘書官。岸田文雄首相の最側近で官邸を仕切る人物である。

 1月4日、東京都の新規感染者数は151人と約3カ月ぶりに150人を超えた。全国では1000人を突破。嶋田秘書官のいう“東京で1000人”までは数字上はまだ余裕があるように見えるが、オミクロン株の強力な感染力を考えたとき、危機は目前に迫っている。

 12月28日に開かれた厚労省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合。京都大学大学院の西浦博教授は、日本での今後の感染者数を推計するモデルを提出した。そこには今後上昇カーブを描き、1月末から2月にかけて1日あたり東京で約1000人、大阪で約500人を超える感染者の波が描き出されていたのだ。

西浦博・京大大学院教授

 つまり、あとひと月足らずの間に、5度目の緊急事態宣言が発せられる可能性があるのだ。

 同会合に出席した国際医療福祉大学の和田耕治教授が解説する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる