週刊文春 電子版

アート引越センター 3日連続業務で妊婦社員が引越現場で破水していた

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 働き方 ヘルス

「女性が働きやすい会社を掲げていますが、実態は異なる。今回の“事件”に、現場は『ついに起こってしまった』と落胆しています」

 こう話すのは引越業大手のアート引越センター(以下、アート社)の従業員だ。引越会社の中でも率先して働き方改革を掲げる同社で、何が起こったのか。

 アート社は1968年に現在の代表取締役会長・寺田寿男氏(76)が創業した運送会社を前身に持つ。76年から引越業に進出し、東大阪市でアート引越センターを設立。社長には妻の千代乃氏(75)が就いた。

名誉会長の寺田千代乃氏

 その後、「あなたの街の0123」という覚えやすいテレビCMに力を入れ、その名を全国に広めていく。

 2004年には東証二部、大証二部に上場し、翌年には一部に指定替え。だが11年に上場廃止している。

「10年に会長の寿男氏が未成年に猥褻行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で書類送検された。上場企業である以上、人事のけじめは必要だが、経営は寿男氏が担っている。そのため上場を断念し、創業者一族が株式公開買付をして、寿男氏を経営陣に残すことにした」(経済紙記者)

 経営は安定しており、グループの連結売上高は18年から3期連続で1000億円超。そんなアート社が力を入れるのが「働き方改革」だ。17年には引越業界では初となる定休日を導入。経済産業省と日本健康会議から「健康経営優良法人」にも選定されている。

2019年に社長に就任した寺田政登氏

 また「女性の活躍」も同社が掲げる大きな目標だ。

「女性社員が主体となって働きやすい環境を目指す、『Weチャレンジ』という女性活躍推進プロジェクトが15年から行われている。現在は名誉会長の千代乃氏もミーティングに参加し、女性社員と意見交換をしています」(アート社関係者)

「働き方改革」を掲げるアート社のHP

 ところが――。

支店長は「俺に言われても」

 東京都北区にあるアート社京北支店。20代半ばのA子さんは、ここで正社員として勤務していた。

「高校時代からうちでアルバイトをしており、卒業後に入社した。責任感が強く、同僚からの信頼も厚い。1児の母で、ブロックの女性従業員を束ねるリーダーも務めている」(元同僚)

アート社の京北支店

 A子さんの第2子妊娠がわかったのは昨年9月末頃。

「彼女は支店長に報告し、4月中旬から産休を取る予定でした。妊娠初期は引越作業にあたっていましたが出血があって2週間の自宅安静に。その後はデスクワークで現場には出ないようにしていたが、安定期に入ると荷造りなど軽い作業で再び現場に出ていました」(前出・アート社関係者)

 京北支店は現場の社員が約20人、内勤者が約5人と「決して人手が多い支店ではない」(同前)という。

 体を気遣いながら、負荷のない仕事をこなしていたA子さん。だが12月に入ると、配車を担当する上司からこう頼まれたという。

「12月27日から29日の3日間、現場に入ってくれないか」

 その頃は妊娠19週目にあたる。A子さんから相談された別の関係者が話す。

「彼女は支店長に『トラックの運転など、負担のかからない作業だったら出てもいい』と伝えていた。ただ、家具などの重い荷物の運搬といった、母体に危険が及ぶ業務は拒否していました」

 A子さんが支店長に相談に行くと「俺に言われても……」と告げられたという。

 年末年始で人手が足りていないことはA子さんもわかっていた。そこで「負担を減らすためにベテラン作業員を入れ、人員も確保する」ことを条件に承諾した。

 しかし、現場は過酷だった。27日は朝8時半から単身者の引越し。作業員は計4人で、A子さんは運び出された家具や段ボールを台車に載せ、トラックまで運び、荷台に積み込む作業をした。終了後は他の現場の応援に呼ばれ、帰路についたのは18時頃だった。

 翌28日は朝8時から家族の引越しで作業員は3人。エレベーターがない物件で、階段で3階まで重い荷物を抱えて登り降りした。

 そして3日目の29日。前々日からの疲れも取れないまま、朝8時から単身者の引越しに向かった。2階の物件で作業員は2人のみ。何とか終わらせ、次の単身者の引越し現場に。そこで台車に荷物を載せる作業をしている最中、突然下腹部に違和感を覚えた。破水していたのだ――。

 A子さんの友人が話す。

「病院に駆け込んだA子はそのまま入院し、今も病院で療養中です。妊娠19週で胎児が体外に出てきたら命は救えない。22週を越えれば助かるかもしれないが、障害が残ってしまう可能性が高いとか。当初、医師から『ほぼ諦めるしかない』と宣言されて、ショックを受けていました」

 A子さんは階段作業があるとわかった数日前にも、支店長に「せめて人数を増やして欲しい」と要望していた。だが、「シフト決めはほかの担当者がやっているので、どうしようもできない」と言われたという。

「破水の原因は力作業や、寒い中で長時間立ちっぱなしだったことが関係していると医師に言われたそうです。1日の歩数も1万7000歩を超えており、『妊婦が歩く歩数ではない』と伝えられたとか」(前出・友人)

 丸の内の森レディースクリニック院長で産婦人科医の宋美玄(ソンミヒョン)医師が話す。

「妊娠19週目は体調は安定するが、自分で無理をしているな、と思う行動は避けねばならない。引越業だったら箱詰めくらいが適度。会社が本人の意に反して重労働をさせたのであれば、考えられない事案です」

 A子さんが破水したことを支店長に告げると「無事だといいな」と返信があり、謝罪はなかったという。アート社の女性社員が話す。

「女性の活躍推進と言っても現場は男社会のまま。妊娠や子育ての苦労をまだ会社は理解していない。関東圏のほかの支店でもドライバーが足りず、現場に出される妊婦のスタッフがいて、目撃したお客さんからクレームが入ったこともある」

 別の女性社員も証言する。

「3、4年前は熱を出した子どもを保育園に預けられず、おんぶをしたまま引越作業をする社員もいた。残業もざらで保育園のお迎えに間に合わず、会社の人間が代わりにお迎えに行くのも当たり前になっている」

 入院中のA子さんにメールで連絡を取ったところ、「破水したのは事実ですが、直接はお答えできないので、会社の方にお願いします」と返信があった。

 アート社に問い合わせると、次のように回答した。

「年末3日間の配車については、A子(回答は実名)が妊娠している事実を知らない者が配車しており、A子から支店長(実名)に相談があったことは事実です。12月27日と28日の作業については、A子を運転業のみとし、A子を除くメンバーで引越作業にあたるように配車・配員を変更しております。29日の作業については、女性の単身者様の引越で家財量も非常に少なかったため、A子とも協議のうえ、A子と別の1名のスタッフの2名という配車・配員としました」

 ただ、別の社員によれば、「A子さんは3日間とも運転だけではなく、引越作業にも携わっていた」という。

 さらにアート社は「その中で、妊婦の勤務に対して最大限の配慮を行っておりました。しかしながら、このような状態になったことは誠に残念であ(ママ)りません。同様のことが起きないように社内での教育に努めたいと思います」と回答した。

 A子さんは病室で「後輩達にこんな思いはさせたくない」と願っているという。

2021年9月期の連結経常利益は約80億円

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる