週刊文春 電子版

アート引越センター 3日連続業務で妊婦社員が引越現場で破水していた

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 働き方 ヘルス

「女性が働きやすい会社を掲げていますが、実態は異なる。今回の“事件”に、現場は『ついに起こってしまった』と落胆しています」

 こう話すのは引越業大手のアート引越センター(以下、アート社)の従業員だ。引越会社の中でも率先して働き方改革を掲げる同社で、何が起こったのか。

 アート社は1968年に現在の代表取締役会長・寺田寿男氏(76)が創業した運送会社を前身に持つ。76年から引越業に進出し、東大阪市でアート引越センターを設立。社長には妻の千代乃氏(75)が就いた。

名誉会長の寺田千代乃氏

 その後、「あなたの街の0123」という覚えやすいテレビCMに力を入れ、その名を全国に広めていく。

 2004年には東証二部、大証二部に上場し、翌年には一部に指定替え。だが11年に上場廃止している。

「10年に会長の寿男氏が未成年に猥褻行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で書類送検された。上場企業である以上、人事のけじめは必要だが、経営は寿男氏が担っている。そのため上場を断念し、創業者一族が株式公開買付をして、寿男氏を経営陣に残すことにした」(経済紙記者)

 経営は安定しており、グループの連結売上高は18年から3期連続で1000億円超。そんなアート社が力を入れるのが「働き方改革」だ。17年には引越業界では初となる定休日を導入。経済産業省と日本健康会議から「健康経営優良法人」にも選定されている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる