週刊文春 電子版

氷川きよしの“限界突破”発言「デートで旅館に…」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「ここで一旦お休みをいただき、自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたい」

 1月21日、年内での歌手活動休止を発表した氷川きよし(44)が、こう語った背景には一体何が――。

美に磨きをかける氷川

 前兆はあった。昨年の紅白歌合戦のリハーサル後のことだ。

「氷川が取材を受けなかったのです。中には取材NGの歌手もいるが、氷川は必ず受けてきた。それだけに現場は『何があったんだ』と騒然とした」(芸能デスク)

 本番当日。2019年の「紅白限界突破スペシャルメドレー」以降、3年連続で演歌を封印した氷川が歌ったのは、美空ひばりの「歌は我が命」。昭和の歌姫の人生を描いたこの曲は、恩人へのメッセージでもあった。

昨年が22度目の紅白(「紅白」インスタより)

「所属事務所会長の長良じゅんさんは『男版美空ひばりになってくれ』と、氷川さんを大切に育てた。長良さんは違う事務所のタレントも気に掛ける親分肌。氷川さんも長良さんに恩義を感じていました」(音楽関係者)

 2000年にデビューして以降、演歌界のプリンスとして歩んできた氷川。だが12年、長良氏が他界すると、事務所との間にズレが生じるようになる。

「氷川さんはこだわりの人。撮影でも数枚撮るごとに自らチェックする。一方、普段は穏やかでスタッフに焼き芋をあげていたことも。料理が趣味で、家の庭で月桂樹、さくらんぼなどを育てている。次第に、『自分らしく生きていきたい』と言うようになり、従来のイメージで売りたい事務所との攻防が激しくなった」(同前)

 19年のイベントでは、

「氷川さんが『このネイル、可愛いでしょ?』と爪を見せて撮影に応じてくれた。でもすぐに事務所の人が飛んできて『ネイルのことは書かないで!』とNGになった」(スポーツ紙記者)

19年の紅白で

 雑誌のインタビューでも、事務所は常に目を光らせた。

「男らしくないと判断されたら原稿は修正され、写真は『セクシーではなく爽やかなものを』と念押しされる」(芸能記者)

 だがマネージャーの目の届かないところでは、

「このあいだ温泉旅館に二人で行ってきたんです。よかったですよ〜」

 と、“恋人”とのデートを匂わせてしまう“限界突破”発言も。最近では「男らしくあろうとすることをやめた」と公言している。

 その裏で、デビューから休みなく歌い続けてきた心と体は悲鳴を上げていた。別の音楽関係者が明かす。

「レコーディングやテレビ、取材と毎日のように働き詰め。先代の長良会長なら、ここまでの無理はさせなかったはずです」

 デビュー時から氷川を知り、彼が“東京の母”と慕う音楽評論家の湯川れい子氏は今回の発表に安堵する。

「働き過ぎていて、『ちょっと休ませて貰ったら』とか心配をしていたので、『よかったね』と言いました。体調を崩す前のギリギリのタイミングで手を打てた。それに去年は自分らしさも出せるようになったし、ひばりさんの歌で終われた、いい1年でした」

湯川氏

 ファンは、このままずっと活動休止してしまわないかと心配になるが、

「氷川君の中に『引退』なんて微塵もないと思います。期間を言っていないのは、1カ月、あるいは1週間でまた歌いたくなるかもしれないから。彼はそういう性格なんです」(同前)

 氷川にとって「歌は我が命」なのだ。 

事務所の発表

source : 週刊文春 2022年2月3日号

文春リークス
閉じる