週刊文春 電子版

老舗料亭を…白鵬“部屋”は「浅草の一等地」に決まった

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 スポーツ

 日本屈指の観光地・東京浅草。コロナ禍の収束が見えない中、創業75年を迎える老舗料亭「瓢庵(ひさごあん)」が、昨年7月、ひっそりとその歴史に幕を下ろした。

 その物件を密かに狙っていたのが、元横綱の白鵬こと間垣親方(36)だ。

現役時の秘話を交えた解説も好評

 現役時代は「銀座にガラス張りの相撲部屋を開きたい」と、引退後の野望を公言していた間垣親方。

「引退間近の頃は、同じ中央区の日本橋周辺に100坪ほどの物件を探していましたが、難航しているようでした」(相撲担当記者)

 候補地として譲れなかったのは、日本文化が感じられ、国内外から多くの観光客が訪れる“一等地”であること。銀座や日本橋でなくとも、浅草はまさにうってつけというわけだ。

「白鵬が閉店した瓢庵を買うという噂は前からありました。本当に来てくれるなら大歓迎です」(地元住民)

 瓢庵は浅草駅から徒歩10分余り。街のシンボルの雷門を抜け、浅草寺の向こう側にある。“観音裏”と呼ばれ、江戸時代から続く浅草花柳界の中心地だ。

「瓢庵は東京五輪が決まった後、外交団の視察ツアーにも使われた料亭。各国の駐日大使が芸者とお座敷遊びを体験しています。歌舞伎俳優の片岡愛之助らが新春歌舞伎の制作発表を行ったこともあります」(同前)

周囲はかつての江戸の風情が残る

 土地は間垣親方の希望に見合う97坪の広さ。建物は1990年に新築された地下1階、地上5階、全館数寄屋造りの物件だ。

 今年1月20日には都内の不動産業者が土地と建物を購入している。浅草の不動産関係者が明かす。

「相場は土地と建物を合わせて3億から4億円ですが、白鵬が約5億円で買い取ると聞いています」

 間垣親方側に聞くと「まだ決まっておらず、探しているところです」(宮城野部屋のマネージャー)と否定。ただ、瓢庵の元女将はこの物件が間垣親方の手に渡ることを認めるのだ。

新部屋にはおかみさん、1男3女と住むことに

「随分前から決まっていたんですが、あまりそういうことは言わない方がいいと思っていまして。(間垣親方が)ご夫婦揃って下見に来た時は、奥さんも気に入ってくださいました」

 間垣親方が独立を急ぐ理由もある。現在は宮城野部屋の部屋付き親方だが、師匠の宮城野親方は、今年8月で日本相撲協会を定年となる65歳に。

「定年延長もできるが部屋を持てないため、年寄株を交換し、白鵬が宮城野親方になる予定です。今の宮城野部屋はバイク屋を改装した手狭な賃貸物件で、部屋は20人近い大所帯。なので白鵬は先を見据え、引退前から新天地を探していた」(宮城野部屋関係者)

 振り返れば現役引退した昨年秋、「諸先輩親方の言うことを聞き、相撲界のしきたりを守る」といった異例の誓約書に署名させられている間垣親方。新人親方としての評判は悪くない。

 

「初場所では、業務の合間を縫って、国技館の売店に立ったり、記念撮影に応じたりと、ファンを喜ばせていた」(協会関係者)

 着々と準備が進む“白鵬部屋”は、浅草の新名所となりそうだ。

source : 週刊文春 2022年2月3日号

文春リークス
閉じる