週刊文春 電子版

藤井隆を「新婚さん」にいらっしゃ〜いさせたアノ力

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「局側にはナインティナインの2人のW司会や、MCとして評価が急上昇の麒麟の川島明など、大物芸人をという希望があったようですが、吉本興業側が彼を強く推したそうです」(在阪テレビ関係者)

 桂文枝の後継者となる「新婚さんいらっしゃい!」(朝日放送)の新司会者に、藤井隆(49)が決定した。

中学生の一人娘を溺愛している

 高校卒業後、会社員生活を経て吉本入りした藤井は、吉本新喜劇に出演すると、「HOT! HOT!」のギャグで20代半ばにして大ブレーク。2000年には「ナンダカンダ」で歌手デビューを果たし、紅白歌合戦にも出場した。

「その後は俳優業に進出し、大河ドラマにも出演。三谷幸喜や野田秀樹など、大物脚本家の舞台にも度々呼ばれるなど演技の評価は高い。一方でバラエティ番組のレギュラーは現在一つだけで、バラエティタレントとしては旬を過ぎた印象でした」(スポーツ紙記者)

 起用理由の一つは、番組のコンセプトに合う愛妻家ということ。05年にグラビア出身の癒し系タレント、乙葉(41)と結婚している。

「初めて会ったときに、これまで胸を見てくる男が多かったのに、藤井がまっすぐ目を見て挨拶をしたことに乙葉が好感を持ったそうです。その後、乙葉の父が急死した際にも支え続けました」(同前)

 結婚後は夫婦でCM共演するなど、おしどり夫婦のイメージが定着している。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月10日号

文春リークス
閉じる