週刊文春 電子版

「太陽の孤独」 石原慎太郎逝く

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

「太陽の季節」で文壇にデビューし芥川賞。同作が映画化されると弟が銀幕スターに。政治家となり田中角栄批判、自民党総裁選出馬、東京都知事、国政復帰と大暴れ。だが波乱に満ちた人生の核は常に“孤独な表現者”だった。

 

▶裕次郎の浪費で母と貧乏生活「オレの方が恰好いい」

▶昨年12月に「尖閣に行こう」「中国のポチになるな」

▶中3同級生殺人に関心 2冊の本を病床で抱きしめ泣いた

▶長男伸晃「僕には僕の人生がある」と距離

「死ぬまでにどうしても短編小説全集を出したい」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月10日号

文春リークス
閉じる