週刊文春 電子版

批判されても「ブラボー!」 長友佑都はなぜ嫌われるのか

THIS WEEK「スポーツ」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 サッカーW杯アジア最終予選を戦う日本代表DF・長友佑都(35)への批判が止まらない。1月27日の中国戦後には、城彰二ら代表OBからも先発出場を疑問視する声が上がった。

 その理由の一つを、スポーツ紙記者は「体力、脚力が明らかに衰えているからです」と指摘する。

「以前は驚異的な運動量を誇る長友の攻撃参加が日本の大きな武器でした。ところが今はキックの精度が大幅に下がり、攻め上がってもクロスボールが味方に合わない。守備でも全盛期なら軽々と止めていた場面で相手に置き去りにされたり、ファウルで凌ぐ場面が増えています」(同前)

 そんな長友を森保一監督は頑なにスタメンで使い、後半早々に中山雄太と交代させることを繰り返す。

「監督はとにかくチームの序列重視で選手を起用する。W杯3度出場の経験と攻撃力を買って長友を使い続けていますが、中国戦では交代した中山の正確なクロスから追加点が生まれるなど、攻撃面でも中山がすでに上回っています」(同前)

日本代表での出場試合数は歴代2位 ©共同通信社

 一方、プレー以外で批判を集める理由をサッカーライターはこう語る。

「これまで長友は本田圭佑と共に『W杯優勝を目指す』と語り、『世界一のサイドバックになる』と公言。しかし“ビッグマウス”と結果がかけ離れているのです」

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月10日号

文春リークス
閉じる