週刊文春 電子版

浜辺美波 朝ドラヒロインが「LINE交換」した共演男優

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 「それ、誤診です」

 驚異の医学知識と診断能力で指摘する謎の女性――。医療ミステリードラマ「ドクターホワイト」(フジ系)。主演するのは、2020年の「私たちはどうかしている」以来の民放連ドラ主演となる浜辺美波(21)だ。

「医療用語が並ぶセリフも『難しいです〜』と言いながら見事に覚えて来ています。台本2〜3頁に及ぶ長ゼリフも、ほぼNGなし。ただ彼女は昨年末に映画を撮り終えてからドラマの撮影に入るというハードスケジュール。撮影セットのベッドではよくうたた寝しています」(テレビ局関係者)

 21歳にして堂々たる主演女優となった浜辺。彼女は沢口靖子、長澤まさみらを輩出した「東宝シンデレラオーディション」の出身だ。当時10歳。ダンス審査では踊れずに泣き出してしまったが、ニュージェネレーション賞を受賞した。

 

 大先輩たちの後を追うべく故郷・石川と東京を行き来する生活に。だが、早々に壁にぶち当たる。

「抜群のルックスとは裏腹に、演技も歌も大の苦手。たまにドラマに出られても、NGを出すと気の毒なほどの落ち込みようでした」(芸能事務所関係者)

 中学卒業を機に上京し、芸能コースのある堀越高校に入学した浜辺。当時は所属事務所の社員宅に居候するなど、徹底した管理下に置かれていたという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる