週刊文春 電子版

羽生結弦の涙 愛した四人の女性

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ スポーツ

 ソチ、平昌、北京。羽生結弦の傍らには、彼を愛した4人の女性がいた。別れの道を選んだ人もいれば、自らの夢を諦めた人もいる。そして“ラストダンス”まで支え続けたのは――。誰も書かなかった「絶対王者」の物語。

 

▶2人の女性と離別 最後に残ったのは…

▶本番3日前まで地元リンクで深夜2時練習

▶叔母が告白「身を退いた4歳上の姉」と「母の支え」

▶ソチの因縁、ファンの中傷…髙橋大輔との“本当の仲”

▶個人事務所の社長は元東京地検特捜部の敏腕弁護士

 2月5日午前、男子フィギュアのショートプログラム(SP)を3日後に控えた北京の首都体育館。実際のリンクで行われる最後の公式練習に「絶対王者」は姿を見せなかった。会場には、彼のフリー曲「天と地と」が鳴り響くだけだった。

 その日の深夜。北京から2000キロほど離れた「アイスリンク仙台」(宮城県仙台市)からは煌々とした灯りが漏れていた。ここは、新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、喘息の持病を抱える羽生結弦(27)が拠点を置く地元リンクだ。日付が変わっても一向に消えない灯り。羽生家の車が自宅マンションに戻ったのは、深夜2時のことだった。

深夜までリンクには灯りが

 翌6日朝、深夜の練習から休む間もなく、仙台空港から成田で乗り継ぎ、昼に北京の空港に降り立った羽生。本番2日前という直前での現地入りは、五輪では異例だ。選手村にも入らず、調整を重ねたという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年2月17日号

文春リークス
閉じる