《6人が死亡》三幸製菓は「火災事故の常習犯」従業員の告発

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「三幸製菓は火災事故の常習犯。今回の事故は、起こるべくして起きた人災です」

 こう憤るのは、米菓メーカー・三幸製菓の従業員だ。

 三幸製菓は煎餅の「雪の宿」や「ぱりんこ」で知られ、亀田製菓に次ぐ業界第2位。創業家の佐藤元保氏がCEOを務める。新潟県北部の荒川工場で火の手が上がったのは2月11日、23時50分頃。

「焼け跡にはバイトの女性4人と、従業員とみられる男性二人の遺体があった。女性は防火シャッター前で見つかっており、逃げ遅れたと思われる」(社会部記者)

火災は11時間半続いた

 出火原因を三幸製菓は「調査中」としているが、前出の従業員は「菓子のカスが原因の可能性がある」と言う。どういうことか。

「実は荒川工場は2019年までに8回も火災が起きています。生地を焼く窯の下や、焼きあがったお菓子を運ぶコンベアの脇に受け皿があり、そこにカスが溜まる。他社は毎日掃除をするのですが、ウチはよく溜まったまま。そのためカスが炭化し、発火するのです」

 この従業員は他にも事故の要因があったと指摘する。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年3月3日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫