週刊文春 電子版

羽生結弦「消えた整体師」 「痛みの95%は魂から」体のメンテナンス担当が…

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ スポーツ

「足首はちゃんと休ませてあげようと思っています」

 北京五輪ラストの演技となるエキシビションも、痛み止めを飲みながら出場した羽生結弦(27)は、演技後に古傷をこう労った。

 ただ、北京のリンクサイドには、過去の2大会で羽生を痛みから救った“あの人”の姿はなかった。

 4回転アクセルの完成を目指していた昨年秋、練習中に右足の関節靱帯損傷を負っていた羽生。

「なんとか回復して臨んだ北京五輪でも、フリー前日の練習で再び同じ箇所を痛めたことを、14日の会見で明らかにしました。痛み止めを使って臨んだフリーでは、冒頭の4回転アクセルの失敗に続いて、次の4回転サルコウでも転倒。本人は『右足の感覚がもう薄れていた』と話していました」(スポーツ紙記者)

4回転半ジャンプに挑む羽生

 そんな羽生を支えてきたのは、地元・仙台の家族である。自宅から練習場所の「アイスリンク仙台」までは徒歩数分。そのわずかな距離も父の秀利さんが車で送り、練習は母の由美さんがそばで見守った。さらに、そのリンクに勤める4歳上の姉の献身もあった。

「リンクの関係者にコロナ陽性者が出ると、施設内を消毒するようかけあうなど、羽生選手のために少しでもリスクを減らそうとしていた」(リンク関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月3日号

文春リークス
閉じる