週刊文春 電子版

京都市が財政危機で値上げ連発 市長が「10年以内に破綻も」

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 社会 経済

 “ミセス京都市議”騒動に揺れていた京都市議会に2月17日、新年度予算案が提出された。日本を代表する都市だけあって総額は約9200億円と巨額だが、

「門川大作市長が『10年以内に破綻しかねない』と語るなど、京都市は今、財政危機に瀕している。将来見込まれる借金などの負担の重さを示す『将来負担比率』は191.1%(19年度)で、全20政令指定都市の中で最悪です」(市関係者)

危機感を募らす門川大作市長

 しかも、京都市はこれまで“禁じ手”とも言える会計手法に手を染め、黒字決算を取り繕ってきた。

「将来の借金に備えた基金から取り崩し、赤字を穴埋めしてきたのです。19年度は約4億円の黒字としていましたが、この分を差し引けば、実質的には約80億円の赤字。20年度は11年ぶりに約3億円の赤字に転落しましたが、実質的には約172億円の赤字でした。今年度予算でも基金から56億円を取り崩し、収支の帳尻を合わせています」(同前)

 なぜここまで市の財政が悪化したのか。大きな要因は三つある。

「一つ目は97年開業の市営地下鉄東西線。工費が高騰したバブル期に建設を続け、事業費が想定の1.4倍(約5400億円)に増加する一方、利用客は当初見込みの1日約18万4000人に達したことはありません」(同前)

 二つ目は“学生の街”であること。人口の約一割を大学生が占め、納税義務者の割合は43.1%と政令市で最も低い。そして、三つ目はコロナ禍で観光客が激減したことだ。厳しい水際対策もあって、未だ回復の見込みは立っていない。

「さらに市は昨年、約159億円かけて市庁舎を豪華に改修しました。議事堂の天井には派手なステンドグラスを設置し、賓客をもてなす茶室まで作ったのです。市民からは反発の声が上がりました」(同前)

 そうした中で、市が提出した今年度予算案に盛り込まれていたのは――。

「市民生活に影響を与える値上げの連発です。初乗り220円の地下鉄は7%程度、バスは8%程度運賃を値上げ、市動物園は620円(一般)の入園料を750円に、二条城は620円(一般)の入城料を800円に値上げ。敬老パスの自己負担額(市民税非課税の場合)も年3000円から6000円に、23年10月からは9000円に増えます」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月10日号

文春リークス
閉じる