週刊文春 電子版

このままでは許さない「上白石萌音」再登場にこれだけの証拠

カムカム大解剖 文春でしか読めぬものがある

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 娘のるいから「I hate you」と告げられ、突如、物語から姿を消した安子。このまま終わりなんて小誌は許さへんよ! きっと初代ヒロイン・上白石萌音(24)は再登場するはずだ。なぜなら……。

最後に“おかえりモネ”となるか(写真 ドラマ公式HPより)

 番組関係者が言う。

「07年の朝ドラ『ちりとてちん』もそうでしたが、藤本有紀さんの脚本は終盤に伏線を一気に回収していくことで知られています」

 安子に繋がる3つの“伏線”を紹介しよう。

 1つ目は、66話に登場した外国人の少年、ビリーの存在だ。映画村でひなたが出会った少年は、その後、69話でも登場。回転焼きを買いに現れたものの、叔父に「飛行機に乗り遅れるから」と言われ去っていく。彼への“淡い初恋”をキッカケにひなたはラジオ英会話を聞き始め、るいは母・安子との懐かしい記憶を呼び覚ますのだ。

ビリー(右)はキーマンの一人と見られる(写真 ドラマ公式インスタより)

 2つ目は、濱田岳(33)演じる安子の兄・橘算太の再登場。84話で「大月」を訪れ、「うちのあんこは絶品ですよ」とかつての安子と同じ言葉を口にしたひなたに、「うちの妹を思い出すんじゃ」と告げる。だが、店先で安子の娘・るいの存在に気付き、再び姿を消す。逃げ癖のある算太だが、再登場させたからには、安子との再会も期待できるはずだ。

 3つ目は、ひなたが英語と向き合う展開になること。ひなたは外国人向けの映画村ツアーを提案し、そのために英会話を習い始める。「英語」という安子との共通点が再浮上するのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる