週刊文春 電子版

“大根役者”安達祐実 台本が真っ白な理由

カムカム大解剖 文春でしか読めぬものがある

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「安達さんがボソッと言う『あれが轟(とどろき)さんが初めて監督した作品よね』のセリフのトーンとか、『これやねん!』と思いながら、僕も演じていました。安達さんの芝居を受け、昔を懐かしむ気持ちになりながら、感情がしっかり出せました」

劇中では“電撃結婚”(写真 ドラマ公式HPより)

 轟監督役の土平ドンペイが演技を絶賛するのは、プライドばかり高い“大根役者”美咲すみれを演じる安達祐実(40)だ。

 2歳の頃からモデルとして活動。1994年、12歳で主演したドラマ「家なき子」(日本テレビ系)で天才子役の名をほしいままにした安達にとって、ヘタクソな女優を演じるのは、殊の外難しかったという。

「台本には『棒読み』くらいしか書かれておらず、加減がわからなかったそうです。安達さんは『ものすごく下手なのか、ちょっと下手なのか、どの程度がいいんだろう?』と休憩中に川栄(李奈)さんに相談していました。みんな、安達さんには天才子役のイメージを持っているので、彼女が大根役者の演技をすると笑いをこらえるのが大変で、カットがかかると川栄さんやスタッフが大爆笑していました」(NHK関係者)

 すみれ役は安達にない要素ばかり。居酒屋で川栄を相手にくだを巻くシーンもあるが、実際の安達は下戸だという。

 そして、すみれは台本に演技についてびっしり書き込みをする“意識高い系”だが、当の安達は「ほとんど何も書かない」と公言するなど、台本は真っ白だという。安達と仕事をしたことのあるスタッフが語る。

「彼女みたいに優秀な役者ほど準備し過ぎない。相手が違う芝居してきたら、そこで臨機応変に変えていかないといけないので。芦田愛菜さんもそうですけど、天才子役と呼ばれた人って、小さい頃からすごく本を読む。安達さんもたくさん小説を読むそうです。それで台本から役をイメージする想像力がつくんですかね」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年3月17日号

文春リークス
閉じる